産後のイライラは解消できる?怒りをコントロールする方法は?

    Suponsored Link

    はいたーい!

    ちょこんです^^

     

    産後にイライラがひどくてどうにかしたい!!

    と感じていませんか?

     

    なんでこんなにイライラするの?

    夫にイライラ…

    姑にイライラ…

    実母にイライラ…

    育児にイライラ…

     

    そしてこんな自分にイライラ。

     

    あ~もうイヤ!!!

     

    毎日毎日イライラしたくない!!

    ですよね^^

     

    そこで今回は話題になっている

    「アンガーマネジメント」

    について調べてみました。

    そもそもアンガーマネジメントって?

     

    アンガーマネジメントって知っていますか?

    「聞いたことはある」

    という人が増えているかもしれませんね。

     

    アンガーは英語で怒りを表す言葉。

    マネジメントは管理を意味しています。

     

    つまり「怒りを管理する」のが

    アンガーマネジメントです。

     

     

    “怒らない”とか

    “怒りを抑えつける”

    ということではなく、

    「怒るべきときには怒り、怒らなくてもいいことは怒らない」

    怒りを上手にコントロールするための

    心理的技術がアンガーマネジメントです。

     

     

    アメリカではすでに多くの企業で

    学ばれています。

     

    日本でも話題になりセミナーを

    受講する企業が増えています。

     

    怒りはさまざまな場面で生まれますが

    強いものから弱いものへと伝染していくので

    悪い影響が連鎖していく。

    例えると、夫が仕事のイライラを妻にぶつける。妻にイライラが伝染し子どもを叱ると叱られた子もイライラがうつり妹や弟へぶつけてしまう。兄弟がいないと友だちを的にしてしまうのです。

     

    怒る親が

    そこは怒るべきことなのか

    そうでないのか判断できるようになったら

    不必要な怒りの連鎖が断ちきれますよね^^

     

    産後のイライラをどうにかしたい?

     

    産後、毎日イライラしていると

    悩んでいませんか?

    アンガーマネジメントは

    産後のイライラにも有効なのでしょうか。

     

    産後にイライラする原因

     

    まず、産後にイライラするのはなぜなのか

    原因から考えてみましょう。

     

    イライラの1番の原因は

    産後のホルモンバランスが

    整っていないことが大きいです。

     

     

    妊娠中に多く分泌されていたホルモンが

    出産と同時にいきなり減り、

    今度は母乳を分泌するためのホルモンが増える。

     

    産後は急激なホルモンの変化に

    心が不安定になることは自然なことです。

     

     

    「妊娠する前はこんなことでイライラしなかった」

    はずのことにもイライラしてしまうもの。

     

    ホルモンバランスは

    自然に安定してくるので、

    それまではホルモンのせいなんだ!!

     

    とホルモンに責任転嫁しちゃいましょう^^

    少しは気持ちが楽になるかもしれません。

     

    可愛い我が子にもイライラしてしまう

     

    出産という大仕事を終えた体は

    事故にあったようなボロボロな状態。

     

    それでも24時間育児はスタートします。

    体の疲れはピークに達しても

    ゆっくり休める時間はありません。

     

    その上、眠る時間を確保することすら

    許されない現状に

    イライラしないママは少ないです。

     

    あまりの過酷さに

    可愛いはずの我が子にも

     

    「なんで寝てくれないの?」

    「さっき授乳したばかりなのに…」

    「今替えたばかりのオムツにまたウンチ(泣)」

    「いつまでこの状況がつづくの…?」

     

    と、イライラしてしまうことだって

    あるのです!!

     

    夫にもついイライラ

     

    イクメンという言葉ができるほど

    育児に積極的な夫は増えています。

     

    例え夫が手伝ってくれても

    「あ、そうじゃない」とか

    「抱っこの仕方が…」

    「オムツの替えかたが雑」など

    ちょっとした違いにもイライラ。

     

    イライラが落ち着けば

    本当はすごく感謝しているのに

    なんでこんなにイライラしてしまうの?

    と夫への申し訳なさで

    自分を責めてしまうことも

    多々あります。

     

    産後のイライラをコントロールできる?

    出典元:https://jp.pinterest.com/

    ホルモンバランスが大きくかかわっている

    産後のイライラを

    アンガーマネジメントで

    コントロールできるのでしょうか。

    気になりますよね。

     

    怒りを分けてみる

    Suponsored Link

    基本的な方法は変わりませんが

    アンガーマネジメントは

    怒りを仕分けることもポイントです。

     

    これは怒ることなのか

    それとも怒る必要がないことなのか。

     

    例えば夫は優しくて育児に積極的。

    でも、いまいちオムツ替えが雑なんだよね…

     

    そこでイライラが抑えられなくて

    「そうじゃない!!こうでしょ!!」

    「何回いえば分かるの!?」

    といってイライラをぶつけてしまうか、

     

    そこまで怒ることじゃないかな…

    と考えるか。

     

     

    つまり、やってくれていることに

    怒るメリットはあるのか

    デメリットのほうが大きいのではないか

    一呼吸おいて仕分けることが

    「管理」になります。

     

     

    怒らずに

    「ここはこうしてね」とか

    「最後はちゃんとギャザーを確認しないと

    横もれするからお願いね」

    といいかたを変えると

    気持ちよくやってくれると思います。

     

    最初はママもパパも育児は同じキャリアですよね。失敗しながら繰り返しやっていくことで上手くなっていくものです。

     

    ただママは24時間ずっと育児するので

    上達もキャリアもどんどんパパの上をいくのは

    当然のことと考えましょう。

     

    最初の6秒が肝心

     

     

    爆発するほどの怒りって

    最初の6秒しかもたないそうです。

     

    自分が怒ったときのことを思いだしてみると

    確かに最初の数秒だと気づきました。

     

    顔を真っ赤にして早口でまくし立てる。

     

    長くても10秒かな?

    って思います。

     

    怒鳴る前に深呼吸することで

    最初の6秒をやり過ごせるそうです。

     

    またイライラが爆発するときは

    呼吸が浅く、酸素が回ってない状態になっていて

    深呼吸して酸素を脳へ送ることで

    冷静さを取り戻せるとのこと。

     

    何度いっても聞かない我が家の

    ちび怪獣たちに、怒鳴ることの多い私。

     

    怒りは自分も疲れさせてしまうし

    必要のない怒りで怒鳴ることは

    ちび怪獣たちの好奇心や発達を

    阻害していることになりますよね(;´・ω・)

     

    反省して今日から実践します!!

     

    イライラした原因を探る

     

    なぜイライラしたのか

    原因を探ることもポイントです。

     

    明らかに産後のホルモンが影響しているその基準は、

    今まではそこで怒らなかった

    ことではないでしょうか。

     

    また、睡眠不足でイライラしていたときに

    夫の言動に爆発したのか。

     

    それとも、お腹がすいているときに

    イライラさせられたのか。

     

    八つ当たりのような怒りは連鎖するのでその怒りは自分にとってメリットが多いのかどうかを考えてみましょう。

     

    育児に積極的な夫も

    怒られてばかりだと

    やる気を失ってしまうかもしれません。

     

    必要性を感じたら怒る!!

    それがアンガーマネジメントです。

     

    アンガーマネジメント動画

     

    さまざまなアンガーマネジメントに関する動画があります。

    そのなかで、小学校の授業に

    「アンガーマネジメント」を教えている

    授業風景がありましたので、

    ご紹介します。約8分で見れます。


    怒りをコントロール“アンガーマネジメント” 投稿者 samthavasa

     

    赤ちゃんが大きくなり

    子どもが学校で暴力的になったら

    イヤですよね…

     

    アンガーマネジメントを使って

    子どもでも怒りをコントロールできるのなら

    私たち大人も必ずできると思います。

     

    ただ素直な子どもと違い

    「○○なら~であるべきだ」

    という自分のなかの固定観念が大人にはあるので

    難しく感じる場面もでてくるでしょうが、

    育児に活かせるのであれば

    身につけたい技術です^^

     

    産後も怒りの感情と上手につきあう!

     

     

    今回はアンガーマネジメントについて書きましたが

    いかがでしたか?

     

     

    怒りは人が持つごく自然な感情です。

    ですが、使い方を間違えば

    周りに大きく影響してしまうものです。

     

     

    怒りが悪い訳ではなく

    上手に怒ることは必要なこと。

     

    ただ、常にイライラしていたら

    それが伝染してしまい厄介です。

     

    産後のイライラも上手に管理できたら

    余計なストレスにならないかもしれません。

     

    怒りの感情と上手につきあえたら

    家族や周りとの関係も

    より良好に築けるのではと

    感じていただけたら幸いです(*^^*)

    Suponsored Link

      いいねしましょ(*´ω`*)

      あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

      コメントを残す