妊娠中や出産後も甘酒が優秀って本当?美容とダイエットにおすすめ?

Sponsord Link

はいたーい!

産後ダイエットが簡単にできないものかと

模索中のちょこんです^^

 

私が好きな言葉に

「簡単」

があります。

 

なんでも簡単にできると

時短だし長続きしそうなので

「ちょ~簡単!!」

って言われると気になってしまいます(笑)

 

なので今回も

簡単に産後ダイエットが

できる方法がないものか

調べてみました(*´ω`*)

 

 

注目の甘酒が優秀って本当?

 

今回注目したのが

甘酒!!

 

なぜ甘酒を取り上げたのかというと

妊娠中や出産後の栄養補給に優秀と聞いたからです^^

 

え?甘酒ですよ?

 

って疑問になりますよね?

お酒じゃん!!

と思った人に甘酒のことからお話します。

 

甘酒は2種類ある

 

甘酒には2種類あり

ノンアルコールの甘酒と

アルコール入りの甘酒があります。

 

その違いは

米麹(こめこうじ)で作られた甘酒と

酒粕(さけかす)から作られた甘酒で

 

米麹はノンアルコール!!

酒粕はアルコールが含まれていますので

妊娠中や出産後の授乳中は飲めません!!!

 

ですから、購入するさいは注意してくださいね(^^;)

 

米麹の甘酒が優秀な理由

 

米麹から作られる甘酒は

その栄養素の多さに驚くほどです!!

なんせ「飲む点滴!!」

と呼ばれるほどなんですから^^

 

ビタミンB群をはじめ

必須アミノ酸に食物繊維や酵素が

たっぷり含まれています。

 

また美容効果もありますし

低カロリーでダイエットにも最適!!

 

ノンアルコールの甘酒で

栄養素が豊富ですから

妊娠中や出産後の栄養補給やダイエットに

おすすめしたい理由なんです^^

 

産後の美容やダイエットにどういいの?

 

米麹の甘酒がノンアルコールで

栄養素たっぷりということが

分かっていただけたかと思いますが、

具体的にどういいのか気になりますよね。

 

必須アミノ酸は体で作られない

 

コラーゲンを生成するためには

アミノ酸が必要なのですが、

必須アミノ酸って実は体では作られないのです。

 

体の外から補わないといけない栄養素。

ですが、米麹の甘酒には

 

必須アミノ酸9種、すべてが含まれています!!

 

つまり、米麴の甘酒を飲むと

必須アミノ酸が摂れるので

コラーゲンの生成を助け

お肌をぷるぷるにしてくれるのです^^

 

ビタミンB群がダイエットを助ける

産後キレイになった?老けた?美ママになる簡単4ステップ!

ビタミンB群は

糖質や脂質を分解し排出させる働きがあり

ダイエットの基礎となる

代謝を上げる効果が期待されています。

 

基礎代謝が低いと

太りやすい体質になり

代謝が高いと痩せやすい体質になります。

 

米麴の甘酒にはビタミンB群が

豊富に含まれているので

飲むだけで代謝をアップさせてくれるのです!!

 

食べすぎ防止になる

Sponsord Link

米麹から作られる甘酒には

砂糖が使われていないので

産後ダイエットに最適です。

 

また米麹の自然な甘さはブドウ糖で

少量で満腹中枢を刺激

満足感を与えてくれます。

 

そのため食べすぎ防止になり

自然と摂取カロリーを抑えられるので

ダイエットになるという訳です^^

 

美容にコウジ酸

 

米麹に含まれているコウジ酸には

しみやくすみの原因である

メラニンの生成を抑える働きがあり

女性に嬉しい美白や美肌に導いてくれます。

 

腸内環境の改善で腸いいね!

 

米麴の甘酒に含まれる

食物繊維やオリゴ糖が

腸内環境を改善してくれます。

 

つまり便秘の改善に役立つということ!!

きちんと排泄されないと

腸内環境が悪くなり、肌荒れや産後太りの

可能性が高くなってしまいます。

 

腸内環境をよくすることが

美肌やダイエットには必要なのです。

 

いつ、どのくらい飲むのが理想?

 

紹介しきれないほど

まだまだ効能効果があるのですが

理想の飲むタイミングとかあるのでしょうか?

 

おすすめは朝!

 

いつ飲んでも

その効能効果はえられるのですが、

便秘の改善には朝がおすすめです。

 

また食前に飲んで

食べすぎを抑えることもできます。

 

産後ダイエットに米麴の甘酒を飲むなら

食前がいいでしょう。

甘いものを食べたい欲求を満たすために

おやつの代わりに米麴の甘酒

少し飲むだけで、満足感をえられるようですよ^^

 

1日の目安量は150~200ml

 

こんなに栄養素が豊富で

美容やダイエットにいいなら

たくさん飲んだらいいんじゃない?

 

と考えるかもしれませんが

適量でなければいけません。

どんなものでも

「ほどほど」に…(;’∀’)

 

1日の適量目安が150ml~200mlです。

 

産後ダイエットするなら

朝食前に飲むと

腸の働きが良くなりますし

食べすぎ防止になります。

 

150mlを50mlずつ

3回に分けて飲んでもいいですよ^^

 

そのまま飲むの?

 

そのまま飲んでもいいようですが

米麹の甘酒は好みが分かれるので

飲みやすくブレンドしたほうがいいかもしれません。

美味しいと人気の飲み方をご紹介します。

 

ホット豆乳甘酒ココア

 

作り方も簡単な

「ホット豆乳甘酒ココア」

1日3回に分けて飲みたい場合は、

甘酒50mlにココアパウダーを入れて混ぜます。

 

そこに豆乳を注いで

レンジで1分加熱します。

 

ポイントはホットで♪

冷えは女性には大敵なので

ホットにすることで体を

温めましょう。

 

ショウガ豆乳甘酒

 

ココアをショウガに替えるだけでOK!

甘酒50mlに豆乳を入れて

チューブのショウガを大さじ1杯。

かき混ぜたらレンジで1分チン♪

 

体だけではなく腸温活になるので

おすすめです。

 

甘酒で妊娠中も出産後も栄養満点!

 

妊娠中にトラブルが多い人は

料理を作ることも困難になる場合があります。

 

でも、お腹の赤ちゃんのことを考えると

無理にでも食事をしなきゃと

ストレスになることも少なくないでしょう。

 

また、出産後は24時間、赤ちゃんのお世話があるので

なかなか自分の食事のことまでは考えていられない

という人も多いかもしれませんね。

 

授乳のことを考えれば、なるべく栄養を考えた

食事が望ましいことは百も承知ですよね。

でも、育児にてんやわんやで

栄養のある食事を作れないことも多々あるでしょう。

 

そういうときの栄養補給に

甘酒を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

米麹はノンアルコールで低カロリー。

なのに高栄養で手軽に摂取できるとあらば

試さない手はないですよね^^

 

妊娠中や出産後にいくらノンアルコールで

清涼飲料水に分類されていても

飲んでいいのか不安になることもあるでしょう。

 

必ず妊婦健診や出産後に

かかりつけの産婦人科医に相談してみましょう。

 

相談するときに注意してほしいのが、

米麹の甘酒

であることを伝えてくださいね。

 

間違っても酒粕ではないですよ(;’∀’)

酒粕はアルコールが含まれていますので

ご注意を!!!

 

産後の美容とダイエットに

米麹の甘酒を試してみては

いかがでしょうか。

目指せ、キレイなママ(^o^)丿

Sponsord Link


コメントを残す