「産後の肥立ち」の意味は?悪くしないための過ごし方や注意点は?

Sponsord Link

はいたーい!

ちょこんです^^

 

産後の肥立ちが悪いとか

産後の肥立ちが良くなる

という表現をよく聞きませんか?

 

妊娠中の女性ならば

産院のマザースクールなどで

勉強しているかもしれませんね。

 

もしかするとマザースクールに

行っていない、あるいは

これから通う予定

という人もいらっしゃることでしょう。

 

今回は「産後の肥立ち」について。

気をつけるべき点や過ごし方を

お話したいと思います。

 

そもそも産後の肥立ちってなんだ?

 

「産後の肥立ち」という言葉は

産後の女性はもちろん、

これから出産をするという人は

ご存知のことでしょう。

 

でも、産後の肥立ちがどう影響するのか

具体的にはわからないという人も

いるのではないでしょうか。

まずは産後の肥立ちについて説明します。

 

産後の肥立ちについて

 

肥立ちとは、時間をかけて体の不調が良くなっていくということで、「回復」という意味があります。つまり、「産後の体の回復=産後の肥立ち」のこと。

 

出産後から約8週間までのことを産褥期といい、妊娠中に大きくなった子宮がもとに戻るための回復期間であったり、出産による体のダメージを回復にあてる期間のことをいいます。

 

簡単にいうと、

産後8週間は体の回復期間ですよ~ということです^^

 

産後の肥立ちが悪くなるのはどうして?

 

産後に無理をすると

産後の肥立ちが悪くなります。

悪くなるほどの「無理」って

どのぐらいまでなら大丈夫なの?

 

と気になることでしょう。

それでは解説します。

 

退院後から頑張りすぎてしまう

%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

 

先にも話したように、産後8週間は産褥期です。体の回復に努めなければいけないのですが、里帰り出産や親に手伝いにきてもらうのではなく、自宅に帰り夫と2人で赤ちゃんのお世話をする方も少なくありません。

 

ですが、ご家庭の事情により退院後のサポートがえられないと、無理せざるをえない状況になってしまいます。

 

例えば「産後は水回りのことはしてはいけない」とか「産後は水仕事はダメ」って聞いたことがありませんか?

 

それは家事を無理にしてはいけないという言い伝えでもあり、産後の体を冷やさないための対策だともいわれています。

 

退院後すぐ育児に家事にと追われ無理をすると、産後の肥立ちが悪くなる可能性が高くなります。

 

興奮していて気づかないことも

 

「赤ちゃんのお世話だけだから大丈夫!」

と最初は考えていたかもしれません。育児は妊娠中に勉強して想像していたより大変なものです。

 

24時間、働き続けなければいけないので、そこに家事があると、体や心への負担がさらに増してしまいます。

 

「床上げ」までの1ヶ月間がゆっくり休めればいいのですが、産後の女性は、出産という大仕事を乗り越えた達成感と赤ちゃんに会えたという喜びで、一時的に興奮状態になっています。

 

興奮状態のときは、

「なんでもできる!!」とちょっとハイになっているので、本人も家族も気づかず産後の肥立ちに影響してしまいかねません。

 

産後の肥立ちを悪くしないためには?

 

産後の肥立ち期間である産後8週間は、

どのように過ごしたらいいのかをご紹介しますね^^

 

里帰りもしくは親に助けてもらう

初めての出産は里帰りがおすすめ?どんなメリットがあるの?

可能であれば里帰り出産をしましょう。

産後1ヶ月間は、身の回りのことを母親に任せることができるので、赤ちゃんのお世話と体の回復に時間をあてられます。

 

もしくは、自宅に母親を呼んで2週間ほどお手伝いしてもらうのもいいでしょう。

少しでも休める期間が必要です。

 

産後院で産後ケア入院

Sponsord Link

もし、里帰りも親にきてもらうことも難しい場合、出産した産院を退院したあとに入院できる施設があります。

 

産後のケアが目的の産後院です。

 

赤ちゃんの沐浴指導や母乳についてのケア、ママの体のことを考えた食事の提供、骨盤ケアなどもありママがゆっくり休むためのシステムが充実しているので、おすすめですよ^^

 

産後ヘルパーの活用

 

産後のママをサポートするプロフェッショナルが

家事を代行してくれたり

上の子のベビーシッターや

保育園や幼稚園などの送迎まであるようです。

 

また事業所によっては

ママの体の回復のために

マッサージや産褥体操などを

実施しているところも!!

 

料金はそれぞれの事業所により

違いがあるので事前に調べてみましょう。

 

自治体により補助金があるようなので

お住いの市区町村役場に問い合わせてみるといいですよ^^

 

産後の肥立ちは「ゆっくり」して健やかに

hote86_tukaretenecyatta15111240_tp_v

 

床上げと呼ばれる産後1ヶ月間は

赤ちゃんのお世話と体の回復を優先に

ゆっくり過ごすことが健康につながります。

 

産院の1ヶ月検診で問題がなければ

徐々に体を動かしていきましょう。

 

それまでの期間は産後の肥立ちのために

夫に協力してもらったり

親の助けをかりたり、

産後院や産後ヘルパーを活用してくださいね^^

 

最近では、「産後ケア」が重要視されてきています。

産後の肥立ちが悪いと「産後うつ」にもなりかねないからです。

また、他の病気の発症リスクも高くなります。

 

産後10ヶ月のちょこんも、

5回の出産を経験している

ベテランママにもかかわらず

産後に無理をしたことで、

現在、闘病中です(;’∀’)

 

 

産後の肥立ちが悪くならないよう

あなたに合ったサービスを活用し

健やかな産後が過ごせますよう

応援しています(*^^)v

Sponsord Link


コメントを残す