産後に体調が悪い理由とはバセドウ病?更年期症状?サインを見逃さないで

    Suponsored Link

    はいたーい、産後8ヶ月のちょこんです。

     

    今回、自分の体調の悪さから、何が原因でどんな病気の可能性があるのか病院へ行くべきか悩んでいることから、産後に起こりうる体調が悪い理由について調べました。

     

    産後、体調が悪いと感じる人はいらっしゃいませんか?育児に奮闘している中で、自分の体調管理ってとても難しいですよね。

     

    自分のことは後回しにしている人はぜひこの記事を参考に病院受診を考えてみてください。

    どんな症状があるの?

     

    あれ、なんだか体調が悪い…?と感じたのは産後3ヶ月に入った頃。おかしいと思ったのは胃の鈍痛があったからです。産後の影響だなとしばらく様子を見ていたら1ヶ月半ほどで治まりました。

     

    それが今度は下痢と便秘の繰り返しが始まりました。また、全身がとても痒く内出血を起こすほど搔きむしることも。

     

    それでも病院へ行くほどとは感じていなかったので放っといて生活していると今度は、動悸と息苦しさや息切れ頻脈があり、体調の悪さを実感しました。

     

    それでも育児や仕事、家事を理由に見て見ぬふりをしていると、手の震えが始まりました。こりゃ本格的にどこかが悪いのかも…

     

    と考えつつも、自分のことは後回しです。そこにかける時間もないし病院は何科に受診したらいいのかということもあり放置。

     

    元々暑がりな私ですが、今までにはない汗の量に、常にではないのですが手だけじゃなく足の震えがあります。観念して病院に行く決心をしたのは生理の異常を感じたからです。

     

    明らかに量が少ない!!

     

    少ないなんてもんじゃなく、3日で完全に終わるのです。

     

    私の体に何かが起きているのですが、その「何か」を知るのが怖い…

     

    年齢的なものか(更年期症状)?

     

    と不安になったので、事前調査をしてみました。

     

    考えられるのは2種類?

     

    調べていく中でたくさんの方が、産後の体調に悩まされていることが分かりました。特に多かったのが「バセドウ病」。

     

    数年前に歌手がバセドウ病であることをカミングアウトしていたことを思い出しました。

     

    1つ目はバセドウ病

    %e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%81%ae%e3%81%a9%e3%82%92%e8%a7%a6%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

    出典元:pinterest

    そもそもバセドウ病ってなに?ですよね。

     

    バセドウ病は自己免疫疾患といわれ、本来、外から入ってきた細菌やウィルスを攻撃し体を守る働きをするのが甲状腺ですが、攻撃対象を間違え甲状腺を敵とみなし標的にしてしまいます。

     

    刺激された甲状腺がホルモンの分泌を多くしてまうのがバセドウ病になります。原因は解明されていないのですが、考えられる要因として「環境と遺伝」があげられています。

     

    環境要因はストレスがきっかけにもなるようですが、出産や育児による発症も少なくありません。私の母と母の妹、つまり私の叔母の2人ともバセドウ病で手術しています。

     

    遺伝・環境の2面から私の発症リスクは高いと考えられますね。

     

    バセドウ病に見られる症状

    Suponsored Link

    男性も発症しますが女性が特に多い病気といわれています。こんな症状がないかチェックしてみましょう。

     

    1、暑がりになり夏冬関係なく多量の汗をかくようになった

    2、動悸・息切れ・息苦しい・頻脈がある

    3、疲れやすく眠っても寝た気がしない

    4、食欲が増えたのに体重が落ちているあるいは増えない

    5、手の震えや手のひらが常に湿っているように感じる

    6、落ち着かず、ちょっとしたことでイライラするようになった

    7、皮膚が痒くなる

    8、生理不順

    9、1日の便が出る回数が増えたあるいは便秘が改善された

     

    いかがですか?6つ以上当てはまるようでしたら、バセドウ病が疑われますので内分泌系のある病院や甲状腺外来で検査することをおすすめします。ちなみに私は全項目がドンピシャです(^^;)

     

    2つ目は更年期症状

     

     

    更年期が訪れるのは個人差がありますが、45歳以上と言われています。ベビを出産したかかりつけの産婦人科医に相談したところ、35歳から生理に変化は出てくるものの更年期からではないと言われました。

     

    それでは気になる更年期症状を見ていきましょう。

     

    1、のぼせやほてりなどのホットフラッシュがある

    2、動悸や頻脈がある

    3、汗の量が多くなるが手足が冷たい

    4、体がだるく疲れやすくなった

    5、頻尿や尿もれなどのトラブルがある

    6、頭痛や耳鳴りめまいがある

    7、体がかゆくなる

    8、痩せたあるいは太った

    9、目や口、肌が乾燥している

    10、イライラや不眠症状に悩まされている

    11、月経異常

     

    いかがですか?当てはまる項目が複数見られる場合は、婦人科医に相談しましょう。

     

    ちなみに私は、ほとんど当てはまったのですが、かかりつけ医に更年期ではないと診断(エコーで子宮も卵巣も問題ないと)されましたので、どうやら更年期ではなさそうです。

     

    どちらかというとバセドウ病の疑いが強いとのことで、甲状腺外来を受診するよう指導されました。

     

    甲状腺外来に受診した結果は下記から見れます^^

     

    高齢出産ですと、妊娠中からトラブルを抱える女性が多いのではないでしょうか。高齢で出産したからトラブルが多いのかもと、後回しにすると危険が伴ってしまいます。

     

    ストレスや睡眠不足から様々な症状もでますが、それ以外の危険信号はキャッチしなければいけないとつくずく感じました。

     

    体はたくさんのサインを出しています。自分のことは後回しにせず、しっかり医師に相談することをおすすめします。

    参考になりましたら喜ばしいです(*’▽’)

    Suponsored Link

      いいねしましょ(*´ω`*)

      あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

      コメントを残す