夏バテや熱中症の予防は水分補給だけ?授乳中も安心おすすめ飲料!

Suponsored Link

はいたーい、ちょこんです!

今回はこれから夏本番にむけて、夏バテや熱中症が心配になってきますよね?

あつ~い夏!!!

夏好きにはたまらない季節ですが、暑すぎるというのも問題です。小さな赤ちゃんを抱えながら外出するって本当に大変ですよね。

 

暑さに負けて夏バテや熱中症にならないためには「予防」が大切です。そこで今回は、夏バテ熱中症予防のために水分補給だけでいいのか調べてみました。

 

また、授乳中のママにも安心して飲める、おすすめ飲料をご紹介したいと思います!

夏バテや熱中症予防は水分補給だけ!?

 

厚生労働省からも熱中症の注意喚起がされていますね。今年の日本もどうやら暑い夏になりそうです。汗をたくさんかく夏は水分補給が大事になりますが、夏バテや熱中症予防に水分補給だけで効果があるのでしょうか?

 

夏バテは疲労をためないことが予防

 

夏バテは、屋内と屋外の温度差が激しすぎて、自律神経が乱れることにより体の疲労が蓄積されることが主な原因です。もちろん暑い夏は汗をかきやすく、体の中の熱を効率的に外に逃がしてくれるのですが、失われた汗と摂取した水分量に差がありすぎると、体は脱水状態になってしまいます。

 

ですから、適度な水分補給は夏バテ予防のためにも必要です。しかし水だけ飲んでいればいいということもなく、汗には塩分やミネラルが含まれているので、その補給もしなければいけません。

 

また、暑さから寝つきが悪くなったり、やっとで眠れたとしても暑さから途中で目が覚めてしまうこともあるでしょう。疲れが回復できないまま朝をむかえることもよくないのです。

 

 

しっかり温度や湿度の調整をし、快適な睡眠で疲れをきちんと取りのぞくことも夏バテの予防になります。

 

ですが、小さな赤ちゃんがいるとそうそう睡眠をとることなんて難しいですよね?疲労をため込まないためにも、暑さに負けない体力づくりが必要かもしれません。夫や実母、一時保育などの力を借りて睡眠時間を確保することも大切です。

 

疲れがとれずどんどん蓄積されてしまうと、育児が本当に辛くなってしまいます。夫は、産後ママの様子をしっかり見ながら育児や家事を担っていきましょう。

 

熱中症の予防は水のみだと危険

 

出典元:総務省消防庁

熱中症は、天気のいい日や気温の高い日に外出するさい注意すればいいと考えている人が多いと思います。ですが、室内にいても夜間でも熱中症になってしまうケースもあるのです。

 

また、小まめに水分補給をおこなっていたとしても水だけでは危険です!!

 

汗をかくと体の水分だけでなく塩分やミネラルまで排出されるため、水だけ補給しても失われた塩分やミネラルは補給されません。

 

水と塩分やミネラルの入ったコップに水だけ追加しても、塩分やミネラルは薄まっていくだけですよね?それと同じことが体の中でも起きてしまいます。そうすると血液中の塩分濃度やミネラル濃度が低くなるため、熱中症につながることもあるそうです。

 

とくに授乳中のママは、母乳生成のために日ごろから水分補給には気をつけているかもしれませんが、栄養面や体力づくりには目がいっていないはずです。

 

実は熱中症予防の1つに、暑さに負けないための体力づくりも大切といわれています。適度な運動や発汗が、体内の温度調整には必要だからです。

 

また、赤ちゃんのお世話が優先なので、栄養のあるものを作り置きしていても食べられなかったり簡単になってしまったりと栄養不足になってしまうことも考えられます。

 

夏バテや熱中症の予防には、

水分補給と塩分、ミネラルの補給も大切

温度と湿度を小まめにチェック

冷房の温度設定を26~28度にし、扇風機を足して冷やしすぎない快適な環境をつくる

適度な運動で体力づくり

しっかり食べて体力を落とさない

経口補水液やビタミンB1を意識して摂取する

 

経口補水液は自宅で簡単につくることができます。薬局やドラッグストア、スーパーでもペットボトルやゼリーとしても販売されているので、ストックしておくといいかもしれませんね^^

 

授乳中でも安心なおすすめ飲料は?

Suponsored Link

授乳中だから栄養バランスのとれた食事を摂りたいけれど、赤ちゃんが泣いてしまうと最後まで食べられなかったり、夫が帰ってくるまで何も口にしていなかったということも多々あるでしょう。

 

できるだけお手軽で簡単に水分や栄養補給ができたらいいと思いませんか?それでは、授乳中も安心して飲めるおすすめ飲料をご紹介します!!

 

ルイボスティー

 

アンチエイジングや美肌効果が高いルイボスティーですが、ノンカフェインなので妊娠中や授乳中も安心して飲むことができるおすすめティーです。

 

ルイボスティーにはたくさんのうれしい効果があるのですが、夏バテや熱中症を予防する成分が豊富に入っています。

ナトリウムやミネラルが豊富に含まれているのですが、そのほかにも鉄分が入っているため貧血予防にも最適です。マグネシウムやカリウム、カルシウム、亜鉛といった成分がバランスよく配合されているので夏バテや熱中症予防に効果的といえるでしょう。

 

ノンカフェインなので小さな子どもも安心して飲めますね^^

しかも!!

新生児の赤ちゃんに飲ませても問題ない健康茶

となれば、おすすめしない理由はありません。

新生児から飲めるといっても赤ちゃんの栄養は母乳やミルクで補給してください。飲ませすぎないよう注意し適量を守りましょう。飲ませるときは必ず薄めて、嫌がるようなら無理に飲ませないようにしてください。

 

汗をかきやすい赤ちゃんの沐浴おわりの水分補給に、離乳食のお供に、散歩中に持ち歩くなど一緒に安心して飲むことができるなんてうれしい限りです!!!

 

たんぽぽコーヒー

 

たんぽぽコーヒーを知っているという人は多いかもしれませんね。妊娠中から授乳期、さらには産後に起こる抜け毛の対策や便秘改善にも効果が期待できるノンカフェイン飲料なので、たくさんのママが愛飲していることでしょう。

 

母乳の分泌を促す作用もあり、妊娠中から飲んでいる人もいらっしゃいます。また、女性ホルモンを整えてくれる効果も期待されているため、生理トラブルの緩和・改善のために飲んでいる人もいるほど優秀な飲み物です!!

 

たんぽぽコーヒーは西洋で栽培されたたんぽぽの根が主原料ですが、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、夏バテや熱中症予防の水分補給におすすめです。

 

たんぽぽコーヒーはノンカフェインですが、胃腸機能がまだ発達段階の赤ちゃんには与えてはいけませんので、注意してください。

 

甘酒

 

甘酒が「飲む点滴」と話題になっていますね!

それほど栄養価が高く手軽に栄養補給ができるので、育児中に不足されがちな栄養素を補うにはおすすめです。

 

え?甘酒???

甘酒って名前からしてアルコール飲料なんじゃ……??

 

 

気になりますよね?

実は甘酒は2種類あり、

米麹(こめこうじ)の甘酒

酒粕(さけかす)の甘酒

があります。

 

酒粕の甘酒にはアルコールが入っていますが、

米麹の甘酒はノンアルコール飲料です!!

購入するさいはその点に注意しましょう。

 

飲む点滴といわれるほど栄養価の高い米麹の甘酒ですが、昔は夏バテ防止に飲まれていたんだそうです。ビタミンB1をはじめとするビタミンB群が豊富に含まれていますし、なんと必須アミノ酸9種すべてが入っています!!!

 

食物繊維や酵素もバランスよく含まれていて、栄養補助食品としてはかなり優秀な飲み物です。疲労回復効果や、美肌効果、ダイエットにも最適といわれるほどなんですよ。

 

さらに、

赤ちゃんの離乳食にもつかえるので、

優秀万能食材といっても過言じゃありません!!!

赤ちゃんの離乳食につかう場合は小児科医や地域の保健師さん、栄養士さんへご相談のうえ開始してくださいね。

 

下記記事には、よりくわしく甘酒について書いています。

美味しい飲みかたもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

豆乳

 

豆乳にはビタミンB群にビタミンEが含まれています。とくに注目したいのは大豆イソフラボン。大豆イソフラボンは女性ホルモンの構造に似ていて、ホルモンバランスが乱れがちな産後の女性にはおすすめしたい飲み物です。

 

また、豊富な大豆たんぱく質は血流改善にも期待されていますし、牛乳とは違って乳腺もつまりにくくなっています。そのうえ栄養価が高いとあれば、24時間の育児の合間にお手軽に栄養補給ができるはずです。

 

体力を落とさないことが夏バテや熱中症の予防につながるので、水分や栄養補給を小まめに摂るよう意識しましょう。

 

まとめ:水分と栄養補給で夏に負けない体づくり

 

暑い夏に負けない体づくりは、産後に奮闘する育児の助けにもなります。ママが元気でなくては家庭が回らないでしょう。もちろん夫や家族の助けはつねに必要ですが、楽しいときもあれば辛い時期があるのも育児です。

 

どんなときも乗りきるためにはやっぱり健康が1番ですよね^^

 

  • 水分補給は水のみだけでなく少量の塩分やミネラルも必要
  • 温度や湿度をチェックし快適な環境を心がける
  • 適度な運動や食事で体力を落とさない
  • ママの意識が赤ちゃんの夏バテや熱中症の予防にもなる

 

そのほかの予防策として、「暑さ指数(WBGT)」というのがあります。環境省や気象庁でチェックできますが、住んでいる地域の熱中症の危険度が5段階で表示されます。毎日チェックできるのでぜひ活用してください^^

 

ちなみに今現在の沖縄を調べてみたところ、

“危険”

と表示されていました~( ゚Д゚)

わたしも注意したいと思います!!

 

そもそも夏バテと熱中症の違いは?と気になっている人はいませんか?症状の違いも書いていますので、知りたいと思ったらぜひ参考にしてください。

産後や授乳中は夏バテと熱中症に注意してる?症状の違いは何?

出産後に起こるホルモンバランスの大きな変化が影響して、イライラしてしまうママも少なくないでしょう。そのイライラの原因はもしかすると睡眠不足や産後ガルガル期にあるかもしれませんよ。ぜひチェックしてみましょう。

産後の睡眠不足はいつまで?寝不足のトラブルは産後うつの原因?

産後ガルガル期ってなに?5つの原因と乗り越えるための対策は?

最後までお読みくださりありがとうございました!!

参考になりましたら幸いです^^

Suponsored Link

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す