産後の簡単ストレッチでおすすめは産褥体操?やり方や実践方法は?

Suponsored Link

はいたーい、当ブログへようこそ!

産後気になるぽっこりお腹。

そんなぽっこりお腹とさよならしましょ!

産後1日目から始められる産褥体操が、ぽっこりお腹をスッキリさせるために、重要な役割を果たします。

産後スリムを目指したいなら、簡単ストレッチを取り入れてみましょう。産後4日目に行う産褥体操をナビゲートしますので、最後までゆっくりとお楽しみくださいませ。

産後の産褥体操でどうなる?

 

「産褥体操って聞いたことあるけど、一体なに?」と思っている人いませんか?かかりつけの産婦人科で、マザースクールに通っている人は、分かっているかもしれませんね。産褥体操がどのような目的があり、どのように体に良いとされるのか説明していきますね。

 

産褥体操は、妊娠・出産で疲労した母体の機能を回復させることが目的です。出産後すぐに妊娠前の体に戻ることはできません。でもなるべく早く元に戻したいですよね?そこでおすすめのストレッチが産褥体操なんです。

 

産褥体操をすることで、血行が良くなり、たまった脂肪を燃焼させるための代謝をあげることができます。「え~?産後すぐ体操するなんて無理だよ!」という声が聞こえてきそうですね……。

 

そんな大変なものじゃありませんが、本気で産後ダイエットに取り組みたいと考えているのであれば、産褥体操はダイエットのスタートだと思ってください。

 

「母乳をあげたら痩せるでしょ」と思っている人も少なくないでしょう。確かに母乳を飲ませることにより栄養を赤ちゃんへ送りますから、体重が減るのは早いですが、伸びたお腹の皮はなかなか元に戻らないのです。悲しいですが……。

 

伸びたお腹の皮を元に戻すには、それなりの努力が必要になります。産後すぐにハードな運動を行うことはできません。子宮や疲れた母体を休ませなければいけないからです。産後確実に妊娠前の体を取り戻したいのであれば、ぜひ産褥体操を行ってください。

 

疲れた体を癒すことはもちろん、子宮の回復を助けますし、母乳の分泌も良くなる上に、リラックス効果や体力の回復、産後ダイエットの基礎となるので、ダイエットの効率をあげることができます。こんなにたくさんのメリットがある産褥体操。「絶対痩せたい!」なら取り組まなきゃ損です^^

 

産褥体操4日目のストレッチ

 

産褥体操は出産当日から始めることができます。最初は呼吸法から始まり、少しずつストレッチの項目が増えていきます。

もちろん、”全部こなすのは大変”なので、できる項目だけ行っても問題ありません。ただし、毎日続けることが大事ですので、3~6つの項目にしぼって行うのもいいですよ!

 

産後4日目の産褥体操①

Suponsored Link

4日目の体操はまず、産後1日目から始めるストレッチと2日目、3日目のストレッチに4日目のストレッチをプラスして行います。4日目になると項目も多く大変だと思いますので、自分に合ったストレッチのみで大丈夫です。

 

その①骨盤体操

 

仰向けになりお腹の上に手を置きます。息を「吐いてから吸う」を3回繰り返します。右足・左足、どちらからでも構いませんので、片膝を立ててください。

立てた膝を外側へゆっくり倒していきます。曲げているほうの足の裏で、伸ばしている足に沿うようにしながら伸ばしましょう。両方を3回ほど繰り返してください。

 

その②骨盤ゆらゆらストレッチ

 

仰向けになり両膝を立て、足を腰幅に広げます。ゆっくり左右に、始めは小さくゆらします。徐々に大きくゆらしてください。

ゆらす反動でお尻を浮かせます。お尻を浮かせるさいは、お尻に力を入れ肛門をしめます。1分ほどを目安にストレッチしてください。

骨盤体操はゆがみを整え、腰痛緩和にも効果があります。また骨盤底筋を鍛えますので、インナーマッスルを刺激し尿もれなどの悩みも解消されますよ!

 

その③足の上げ下げストレッチ

 

両足を伸ばし仰向けになります。右足からゆっくり上にあげてください。あげられるところまであげたら、つま先の曲げ伸ばしを5回繰り返し、ゆっくりと足をおろしていきます。左右2回を目安に行いましょう。

 

足の上げ下げで、血流の循環を促します。つま先の曲げ伸ばしで、足首のストレッチにふくらはぎが刺激され、むくみの解消にも効果を期待できます。

 

産後5日目の産褥体操

 

産後5日目には、1、2、3、4日目の体操もプラスし行いますので、できるものをチョイスして行ってください。

 

その①骨盤上げ下げストレッチ

 

仰向けになり両膝を立てます。足は腰幅に広げてください。腹筋と骨盤を意識しながら、ゆっくりお尻と腰を浮かせましょう。

 

滑り台をイメージすると分かりやすいと思います。お尻と腰を浮かせたまま10秒~20秒ほど数えてください。浮かせている間は、肛門や膣をしめるように力を加えます。数え終わったらゆっくり下におろしましょう。

 

骨盤を戻すのに効果的です。また腰痛緩和にも効果大!10秒~20秒がきついようでしたら、5秒から始め、徐々に時間を延ばしていくと体力もつきますよ。また腹筋・背筋を同時に鍛えられます

 

毎日続けられるものをピックアップ!

 

産褥体操は毎日続けることで、体の機能回復や産後ダイエットに効果をもたらしますので、自分の好みの体操や気持ち良いと感じるストレッチを選んで取り組むと、無理なく続けることができます。

 

1日1回眠る前に、寝ながらできる腹式呼吸や足首のストレッチに、骨盤ゆらゆらストレッチの3つを試してみてはいかがでしょうか。リラックス効果が高いストレッチですので、気持ちよく眠りにつくことができますよ。

 

筆者ちょこんへの質問や希望・要望などは、下記のお問い合わせフォームからお願い致します。アナタの声をお待ちしております!

Suponsored Link

 

 

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す