気になるお腹スッキリ解消?産後ダイエット成功は産褥体操にあり?

Suponsored Link

はいたーい!当ブログへようこそ!

産後のぽっこりお腹が気になりませんか?

 

そのぽっこりお腹は、10ヶ月間、お腹の中で赤ちゃんを大事に育ててきた証しですが、「なるべく早くこのお腹をなくしたい!!」と思っているあなたのために、とっておきの方法である「産褥体操」を伝授したいと思います。

ゆっくりと楽しんでいってくださいね!

産褥(さんじょく)体操ってどこに効くの?

 

「そもそも産褥体操って何?」って思っている方もいますよね?産褥体操とは、妊娠・出産を終えた体が、妊娠前の元の体に戻ろうとするのを助けるために行う体操のことです。

 

出産した日から、産後約6週間~約8週間までのことを産褥期といいます。

 

産褥体操を行うことで体の回復機能を高める効果があり、子宮の収縮や血液の循環を助け、妊娠前の状態に戻す回復効果があります。出産後のむくみを解消してくれますし、たまった疲労回復にもなる優れた体操なんです!

 

産褥体操をすることによって、産後ダイエットの効果にも違いがあります。産褥体操で体力をつけ、血行促進効果が体の脂肪を燃焼させる代謝アップになるため、産後ダイエットに取り組んだときに、効果を早く実感することができます。

 

産褥体操の開始時期は?

 

産褥体操は、赤ちゃんを産んだその日から始められる体操ですが、長時間かかった出産や、帝王切開で出産した場合は、医師の許可が必要になりますので、担当の先生に相談してから始めてくださいね!

 

産褥体操の目的

 

産褥体操は出産で消耗した体の機能回復が目的ですが、のちのちダイエットにも大いに効果を表しますので、ぜひ産褥体操に取り組んでみましょうまた、出産で伸びてしまった靭帯や骨盤底筋を鍛えるのも目的です。

 

骨盤底筋がユルユルなままだと、尿もれの原因にもなりますし、痔や腰痛・子宮を支える力がなく子宮脱にもなり得ますので、骨盤底筋を鍛えることで、それぞれの症状を軽減・改善する目的もあります。

 

産後3日目に行う産褥体操は?

Suponsored Link

前回は、産後1日目と産後2日目の体操方法をお話しましたが、産後1日目と2日目の体操に3日目の体操をプラスします

 

産後1~2日目

 

産後1日目は腹式呼吸と首のストレッチ、産後2日目は、足首のストレッチと軽い腹筋運動に、1日目の腹式呼吸と首のストレッチを加えます。

 

産後3日目

 

産後3日目から少しずつ体操が増えていきますが、無理のないようにすすめてくださいね。できるものをチョイスして行うのもOKですよ。

 

その①腕回し運動・動画

 

ベッドで横になり両膝を立てます。両手を組み胸・お腹をさするように動かしていきます。上体を起こし、腕は円を描くように意識してください。

腹筋を使いますので、お腹が引き締まるイメージで取り組んでください。3回~5回を目安に行いましょう。

 

その②肩回しリラックス運動

 

3日目からは立っても座ってもOKです。立った場合は、両足を肩幅ぐらいに開き、気をつけの姿勢になります。気をつけの姿勢から左手は左肩に、右手は右肩におき、前回しを3回~5回したあと、後ろ回しを3回~5回をゆっくり行ってください。

 

肩を回したあとは、肩甲骨が動くのを意識しながらゆっくり後ろに引いて3秒キープし力を抜きます。肩甲骨キープは3回ほど繰り返すと、背中の筋肉がほぐれていきます。

 

その③ウエストひねり・動画

 

ベッドに座り、両手は後ろにおき体を支えてください。左足は伸ばし右足を立てて左足の外側へ交差させるようにおきます。

左腕を右足の外側へ持っていき、ウエストをひねりましょう。反対側も同じようにひねるという動作を、左右5回ほど行ってください。

 

その④わき腹を伸ばすストレッチ

 

立って行います。両足は肩幅ぐらいに開き、左手は腰をつかみます。右手を上に伸ばし、ゆっくり左に体を傾けます。

右わき腹が伸びて気持ちいいと感じるところで止め、ゆっくりと元の位置に戻します。3回ほど伸ばしたら、反対も同じように伸ばしましょう。

 

産後は無理せず自分のペースで!

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。産後の産褥体操は、日を追うごとにどんどん増えていきますが、自分のペースで無理なくすすめることがポイントです。

 

疲れを回復させる目的なので、「頑張りすぎて余計疲れちゃった」ってことにならないように気をつけてくださいね!産褥体操がもたらす効果のひとつに、血流促進がありますが、血流が良くなることで母乳の分泌促進にも期待がもてます。

 

ですが、母乳の出を良くするためにと過剰に産褥体操を行うことは良くないですので、くれぐれも無理のないように取り組んでくださいね。

 

筆者ちょこんへの質問や希望・要望などは、下記のお問い合わせフォームからお願い致します。アナタの声をお待ちしております(*^^)vまたあちゃーやーたい!(また明日ね!)

Suponsored Link

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す