血圧を下げる食材はさんま?産後の妊娠高血圧には効果ナシ?

Suponsored Link

はいーたーい、ちょこんです。

 

妊娠高血圧は出産すると下がるといわれていたのに、どうしてだか血圧が安定しない…と悩んでいるかもしれませんね。いろいろネットで調べて答えを求めていくうちに、ここにたどり着いたのでしょう。

 

きっとあなたなら、いいとされる食材もお探しのはずです。今回は産後妊娠高血圧を安定させたい人に、さんま血圧下げる効果が期待できないのかどうか、検証してみたいと思います。

 

さんまで血圧が下がるの?

 

秋の味覚の代表ともいえる「さんま」ですが、脂がのっていて美味しいけど、イメージとしては血圧を下げる効果はないように感じますよね。

 

さてさて、さんまには産後の妊娠高血圧を下げる働きがあるのでしょうか?見ていきましょう。

 

さんまに含まれるEPA

 

さんまにはEPAが豊富に含まれています。EPAってどんな効果があるのか知っていますか?EPAはエイコサペンタエン酸という成分を略した言葉ですが、エイコサペンタエン酸には血液をサラサラにしてくれる効果があります。

 

サラサラにするだけでなく血管を広げる働きもあるので、血流がよくなり血圧を下げる効果や高血圧の予防にもなるんですね。

 

EPAの働きはこれだけではありません。なんと精神を安定させる効果も期待されています。妊娠高血圧と診断されるだけで、精神的負担ははかりしれません。

 

そこに24時間の育児とあっちゃ~ストレスがより大きくなり、血圧を高くしてしまいます。不安や心配な状態がつづくと血圧に影響が出てしまうんですよ。

 

血管を広げ血液の流れをよくし、精神的負担を軽減させることは血圧低下につながるということです。妊娠高血圧の不安から眠れないという人はこちらも参考にしてください。

産後も続く妊娠高血圧症候群が不安で眠れない?下げる方法は?

眠れないという状況も血圧に影響してしまいます。

 

青魚に多いDHA

 

DHAについてはよくご存じの人も多いでしょう。ドコサヘキサエン酸の働きで有名なのが、頭の回転がよくなるとか賢くなるといわれていますよね。

 

確かに脳機能がアップすることは証明されているようです。しかしドコサヘキサエン酸の働きはこれだけにとどまりません。

 

旬のさんまは脂がのって美味しいですよね。でも、この脂って太るんじゃないのと思いませんか?実はDHAには中性脂肪を減らす働きも科学的に証明されているんですよ。

 

消費者庁の機能性評価はA。つまり、中性脂肪の低下作用があるということが証明されています。

参照元:機能性の評価結果より参照

 

DHAだけじゃなく、EPAにも中性脂肪を減らす働きがあるということですので、悪玉コレステロールが増えにくくなり、善玉コレステロールを増やす働きもしてくれます。

 

その結果、

血圧が安定し高血圧を下げる効果が期待できます。

もちろん妊娠高血圧の予防にもなるんですよ。

 

産後の妊娠高血圧も下がる?

Suponsored Link

ここまできたら、もうおわかりかもしれませんね。産後の妊娠高血圧にも十分期待できるということです。ただし、たくさん食べたからといって、効果が早く出るというものではないので注意してください。

 

妊娠高血圧にも塩分指導がありますよね。食べすぎると血圧があがる恐れがありますので、焼き魚にした場合、1日1本までにしましょう。

 

さんまのおすすめ食べ方!

 

産後の妊娠高血圧にもさんまがいいとわかれば、どうやって食べたらより血圧を下げる効果が高くなるのか知りたいはずです。

 

もちろん香ばしさを楽しむなら焼き魚にするのがおすすめですが、血圧改善にはお刺身がいいでしょう。さんまの持つ栄養素をしっかり摂れるからです。

 

新鮮なさんまに生姜やネギなどの薬味をのせ、レモンやすだち、減塩醤油をちょこっとつけると美味しく食べられるので試してみてくださいね。

 

お刺身で食べる場合は寄生虫に注意しましょう。話題になっているアニサキスは肉眼でも確認できます。

 

まとめ:さんまは産後の妊娠高血圧にも期待できる

いかがでしたか?さんまには高血圧を予防する成分や、血圧を下げる働きがあるということがご理解いただけたでしょうか。

 

妊娠高血圧は、妊娠を中断する(出産する)ことで下がるといわれています。ですが、産後も血圧が安定せず妊娠高血圧がつづく場合も少なくありません。

 

原因が明確に解明されていない病ですが、妊娠や出産はそれだけ体への負担が大きいということですね。ですから、出産後はなるべく安静にして過ごすよう指導されます。

 

また、血圧が高いだけで不安や心配になり精神的負担も大きくなるでしょう。それがますます血圧に影響し悪循環になってしまっているはずです。

 

秋の味覚であるさんまには、血をサラサラにし血流を改善させる働きのほか精神を安定させる作用もありますので、美味しく食べて血圧を安定させましょう。余談ですが、さんまは美容効果も高いといわれていますよ!

 

産後は睡眠不足やなれない育児で気持ちが不安定になっているはずです。寝不足を解消させなければどんなことが起こるのでしょうか?

寝不足で産後うつ発症や脳機能を低下させる?寝だめは逆効果?

かわいい我が子との生活はしあわせなはずなのにイライラしてしまうと悩んでいませんか?原因とイライラ解消法をチェックしてくださいね。

産後のイライラやストレス解消方法は?辛い時の対処法6選!

最後までお読みくださりありがとうございました。

参考になりましたら幸いです(*’▽’)

Suponsored Link

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す