出産後や退院後も妊娠高血圧症候群の症状が出る?血圧が高いのはいつまで?

Suponsored Link

はいたーい!ちょこんです。

 

今回は「妊娠高血圧症候群」についてをお届けします。

 

妊娠高血圧症候群って聞いたことがありますか?

 

「妊娠高血圧症候群」という病名ですから、妊娠中の病気ということは理解している人が多いことでしょう。

 

ですが、産後も続く妊娠高血圧症候群があり、その症状に悩まされている人もたくさんいらっしゃいます。どんな症状があるのか、血圧が高いのはいつまでなのか注意点も含めて解説したいと思います。

妊娠高血圧症候群ってどんな疾患?

 

 

妊娠中のママが気をつけたい疾患のひとつに、「妊娠高血圧症候群」というものがあります。病名を耳にしたことのある人もいらっしゃることでしょう。妊娠中毒症と妊娠高血圧症候群は違う疾患なのかをお話しします。

 

妊娠中毒症と妊娠高血圧症候群について

 

妊娠中毒症と診断される基準に、高血圧、むくみ、タンパク尿、短期間での体重増加いずれか1つか2つみられた場合に妊娠中毒症とされていました。

 

医学的な研究が進む中、「高血圧」がもたらす母体と胎児への影響が大きく、高血圧がみられない他の症状に関しては経過観察となったようです。

 

妊娠中毒症という病名から2005年に「妊娠高血圧症候群」へ改められました。妊娠高血圧症候群になる原因についてはまだ解明されていません。

 

妊娠20週以降、産後12週までに高血圧がある

 

妊娠20週以降で「高血圧」がみられる、あるいは「高血圧とタンパク尿」がある妊婦さん、産後12週まで高血圧がみられると「妊娠高血圧症候群」と診断されます。

 

妊娠高血圧症候群になりやすい人っている?

 

普段の血圧は正常で、妊娠することにより血圧が上がる妊娠高血圧症候群ですが、どんな人がなりやすいのか気になることでしょう。あなたに当てはまらないかチェックしてくださいね。

 

35歳以上の高齢出産ママ

 

 

35歳以上になると高齢出産といわれます。40歳以上ですとさらに妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります。また、15歳以下の妊娠でも発症リスクがあります。

 

BMIが25以上で肥満傾向のママ

 

BMIとはBody mass indexの略で、体格を表すものです。身長から割り出すBMI指数が25以上である場合は肥満とされます。BMIが22を理想指数、BMI25以上になると高血圧を発症しやすく妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります。

 

 

※BMI算出方法:体重÷身長÷身長(妊娠していないときの体重が50㎏、身長が155㎝で計算。50÷1.55÷1.55=20.8。よってBMIは20.8)

 

もともと血圧が高めのママ

 

妊娠していない状態で普段から血圧が高めの人は、妊娠後も高血圧になる可能性があります。ですから、妊娠後は注意しなくてはいけません。かかりつけの医師に相談しましょう。

 

出産が初めてのプレママ

 

初めての妊娠になるプレママは、体が妊娠に慣れていないことが原因で発症する人がいます。また、前回の妊娠・出産から5年以上、間があいている妊娠の場合にもリスクが高くなります。

 

産後の妊娠高血圧症候群はどんな症状がある?

 

出産することで妊娠高血圧症候群は治るとされていますが産後にも続く場合があります。産後は常に医師や看護師がいるので安心ですが、主にどのような症状がみられるのかを見ていきましょう。

 

常に血圧が高い状態が続く

 

出産したのにもかかわらず上が140以上、下が90以上と高血圧が続くことがあります。寝起きから高血圧がみられ、常に安静にしていなければなりません。血圧が高いことでフラフラしたり、頭痛や倦怠感が出る人もいらっしゃいます。

 

産後いつまで続くの?

 

Suponsored Link

 

妊娠することで血圧が上がる症状を妊娠高血圧症候群と言いますが、出産後も血圧が高いままという場合もあります。では、いつまで血圧が高くいつから安定していくのでしょうか?

 

安定の目安は3か月

 

産後も血圧が高く授乳ができないこともあります。産後は血圧を安定させるため降圧剤を服用して様子をみますが、すぐ血圧が落ち着く人やなかなか安定しない人など個人差があるようです。

 

目安は産後3か月で、3か月を超えても血圧が高いと他の疾患が隠れている可能性も考えられますので、きちんと医師に相談しましょう。

 

退院後も血圧が高いときの過ごし方は?

 

退院はしたものの、まだ血圧が不安定なときは自宅でどのように過ごせばいいのか悩みますよね。注意点も含めてご紹介します。

 

塩分やカロリーに注意した食事

血圧を下げる食材はさんま?産後の妊娠高血圧には効果ナシ?

 

妊娠することで血圧が上がる原因はまだ解明にいたっていないのが現状です。ですが、産後の注意点として塩分の取りすぎは良くないとされています。

 

しかし、カロリーや塩分を極端に減らすことも良くないようです。塩分の摂取量は1日8g程度が望ましいとされています。食事は栄養のあるものをバランスよく摂ることが大事で大豆や豆腐、牛乳や魚などのタンパク質、トマトや人参、ホウレン草は積極的に摂りましょう。

 

リンゴとバナナ、アボカドにはカリウムが含まれているので血圧を下げる効果があります。様々な食材をバランスよく摂取しましょう。

 

春の七草には高血圧を予防する効果も期待されています。

 

 

 

大豆には血液をサラサラにする作用や

イライラも緩和してくれます。

イライラすると血圧に影響するので

良かったら関連記事も参考にしてください。

 

安静と睡眠で疲れをためない

 

血圧が高い状態のままだと不安を抱え、それが血圧に影響してしまいます。ですから無理をせず産後は赤ちゃんのお世話のみにし、なるべく安静にしましょう。

 

また疲れがたまることでも血圧が上がるようですので、しっかり睡眠をとることを心がけてくださいね。

 

できるだけゆっくりと過ごすことで安定させる

 

産後はゆっくりしていられない!ということは、よく分かります。ですが、ママが倒れては元も子もありません。しっかり休息をとることが血圧を安定させることにつながります。

 

体調が少しでも悪ければすぐ横になりましょう。安静にすることで徐々に血圧が落ち着いてきます。家のことはパパにお願いしたり実母や姑に甘えてみましょう。

 

赤ちゃんが眠ったらあなたも一緒に横になり疲れをためないこと、睡眠をしっかりとることを優先させてくださいね。

高齢出産はリスクがたくさんといいますが、具体的にどんなリスクが考えられるのでしょうか?前もって知ることで予防になるかもしれません。

40歳で妊娠すると高齢出産?リスクを減らす予防策ってあるの?

また高齢出産について夫婦で話し合うことはとても大事なステップです。どんなことについて話し合うべきか悩んだらぜひ参考にしてくださいね。

高齢出産のリスクってなに?夫婦で話し合うべき9つの課題とは?

最後までお読みいただきありがとうございました!!

参考になりましたら幸いです^^

Suponsored Link

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す