産後に乳輪が大きいままで戻らない原因は?小さくなるまでの期間と方法は?

Suponsored Link

はいたーい!ちょこんです。

 

妊娠中に乳輪が大きくなるのは赤ちゃんのためと分かっていても、出産したのにまだ大きいまま…と悩んでいるママさんがたくさんいらっしゃいます。

 

一体いつ元の胸に戻るのか、なぜ大きくなるのか、小さくなるまでの期間や自宅でできるケア方法はあるかなどの疑問に応えたいと思います。

妊娠中に乳輪が大きくなるのはなぜ?

 

そもそも妊娠中に乳輪が大きくなるのはなぜでしょうか。まずは、妊娠中に乳輪が大きくなる理由について説明しますね。

 

母乳を作るための下準備

 

妊娠中に乳輪が大きくなる原因として2つのホルモンが関係してきます。妊娠を正常に継続させるためのプロゲステロンという黄体ホルモンに、自律神経を整える作用のあるエストロゲンという卵胞ホルモン。この2つのホルモンの力で、出産後の授乳に備え乳腺を発達させます。

 

胸が大きくなるのはそのためです。胸が大きくなるとそれに伴い乳輪や乳首も発達していくので、どのママさんでも同じ悩みを抱えてしまいます。

 

しかし、赤ちゃんのためですから妊娠中は正常なしるしと思い悩みすぎないことが大事です。

 

産後に乳輪が戻らない原因って?

 

授乳に備え大きくなっていった胸と乳輪。ですが、産後も戻らないと悩むママさんが少なくないのが現状です。乳輪の大きさが戻らない原因についてご紹介していきます。

 

有力なのは「赤ちゃんのため!」

 

色々な説がささやかれていますが有力な情報が、産まれたばかりの赤ちゃんのためなのだそう。産まれてすぐの赤ちゃんはとても視力が弱く、ほとんど見えていない状態で、3か月ごろからママの表情が少しずつ見えてくるようになります。

 

ですから、赤ちゃんが母乳を探しやすいように乳首の色や乳輪の大きさに変化がでると言われています。

 

疲れやストレスにより自律神経が乱れる

 

産後は休む時間もほとんどないため、疲れがたまりやすくストレスを感じやすくなります。それにより自律神経の乱れが起こり、乳輪の大きさが戻りにくくなります。

 

産後、慣れない育児が疲れやストレスとなり産後うつの引き金にもなるため気をつけたい点です。

 

乳輪の大きさは遺伝する!

 

驚く方もいらっしゃることでしょう。乳輪の大きさは遺伝すると言われています。もしあなたのお母さんが乳輪の大きな人ならば、遺伝の可能性も否めません。

 

むくんでいる可能性も!

 

授乳することで乳輪や乳首がむくむこともあります。授乳しているときに痛みはありませんか?痛みがでるようでしたら、むくんでいる可能性もありますので、落ち着くまでは直接吸わせず保護器で様子をみるのもいいでしょう。

 

どれぐらいで乳輪が元に戻るの?

 

さて、原因については理解できましたでしょうか。産後どのくらいで乳輪の大きさが元に戻るのかが気になるところですよね。それでは一緒に見ていきましょう。

 

授乳中は戻らないことが多い

 

授乳中であれば母乳が生成されますので、戻らないという声が多くあります。乳腺の発達は落ち着くものの、授乳することで乳汁の分泌はされますから、戻るのには時間がかかってしまいます。

 

ですが母乳は赤ちゃんの大事な栄養源。乳輪が気になるからと早めの断乳は控えた方がいいですよ。

 

産後1年ほどで乳輪の大きさが戻る

 

産後1年ほどになると、卒乳や断乳しているママもいらっしゃいます。人により違いはありますが、卒乳や断乳により大きくなっていた乳腺の脂肪も落ち着いてきます。

 

それに合わせるように、胸もどんどん元の大きさへと戻っていきますので乳輪も小さくなっていきます。

 

長くても産後2年!

 

産後2年も乳輪の大きさが戻らないという方もいらっしゃいますが、それには個人差があるので仕方がないこと。あまり悩みすぎてストレスにならないよう注意が必要です。また、産後2年を超えたあたりから少しづつ小さくなったという方もいます。

 

乳輪を小さくするケアの仕方は?

 

乳輪が大きくなる原因や、元に戻るまでの期間が分かったかと思いますが、乳輪を小さくする方法がないのか調べてみましたのでご紹介していきますね。

 

自律神経の乱れを改善する

 

自宅で簡単にできる方法が、乱れた自律神経を改善するということです。自律神経は、疲れや睡眠不足、不規則な生活リズムが原因となり、日中活動するための交感神経と、リラックスしているときに活発になる副交感神経のバランスが崩れることです。

 

1番いいのは、なるべく睡眠をとるということ。しかし、夜泣き盛りの赤ちゃんがいるとそいうわけにはいかないものですよね。

 

ですから、赤ちゃんに合わせて一緒に寝るようにしましょう。細切れでもいいですし、横になるだけでも体を休めることができます。

 

ママが倒れては大変なことになります。ですからパパに協力してもらい、しっかり休むことを心がけてくださいね。自律神経の乱れを整えることが、乳輪の戻りを良くしてくれます。

 

バランス良い食事で生活改善!

 

妊娠中や授乳中に続き、バランスのとれた食事はとても重要です。食べるよりも眠ることを優先にして食べなかったり、簡単に食べられるからと菓子パンやお菓子を食べたりするのは、赤ちゃんにも産後のママの体にもとても悪影響となります。パパや実母、姑に甘えて時々作ってもらいましょう。

 

乳輪のむくみケア

 

授乳することで乳輪や乳首にむくみがでてしまうこともあります。授乳前のむくみケアをしてみましょう。ケアの仕方は、乳輪の部分を指を使って優しくつまむように皮膚のマッサージをします。

 

強くしすぎると傷ができてしまうこともあるので、ご注意くださいね。このケアで乳輪部分が柔らかくなり、授乳もしやすくなりますよ。

 

乳輪の黒ずみを改善して小さく見せる!

 

Suponsored Link

 

妊娠中にホルモンの影響で乳輪や乳首、わきの下に黒ずみができてしまうこともあります。その黒ずみを改善するだけで、小さく見せることができます。

 

黒ずみを自然なピンク色にするクリームが市販でも売られていますので、乳輪の大きさが気になって辛いという方は試してみるのもひとつの手ではないでしょうか。

 

手術という方法もある

 

どんなことを試しても元に戻らない!という方は、整形による外科的治療という方法もあります。ですが、お金がかかるという点と手術による傷が目立たなくなるまでに、時間がかかるのがデメリットとなりますね。

 

しかし確実に小さくなるというのは、悩んでいる方からすると最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

 

気にしすぎず、できるケアから始めよう!

 

産後は様々なトラブルに見舞われてしまいますが、ホルモンバランスの不安定さや自律神経の乱れが改善されれば元に戻ることが多い悩みです。

 

ですが、悩んでいる方からすると「なんとかしたい!」のも事実です。もしかすると、その悩みもホルモンの仕業かもしれませんよ。

 

産後2年は様子を見ながら育児に専念し、深く考えすぎないようできるケアから始めてみてはいかがでしょうか。

 

出産後の体は疲れてボロボロ。24時間赤ちゃんの要求に応えなくてはいけないママ。辛いと感じてしまうのは当然のことです。いつまで辛い時期がつづくのか、乗り越える方法など気になったらお読みください!

産後の辛い時期はいつまで?乗りこえる5つの方法と解決策!

母乳のためにも栄養あるものを食べたいのはやまやま。でも、作ってる時間なんてな~い!!ですよね。手軽に栄養のあるものがとれればいいと思いませんか?

妊娠中や出産後も甘酒が優秀って本当?美容とダイエットにおすすめ?

飲む点滴と呼ばれるほど優秀な甘酒です。ぜひ参考にしてみてください^^

最後までお読みくださりありがとうございました!!

参考になりましたら幸いです。

Suponsored Link

 

 

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す