産後クライシスは深刻な夫婦問題?離婚は後悔する?乗りきる方法は?

Suponsored Link

はいたーい!

ちょこんです。

 

夫婦のトラブルってたくさんありますよね。

とくに産後の女性はホルモンの影響や

大変な育児に24時間、奮闘しつづけるので

心や体への変化が大きくなります。

 

そこで問題となるのが「夫婦トラブル」

 

産後に夫と離婚したいと考えるようになっていませんか?

出産後2年以内に夫婦関係が冷めていくこと

破たんの危機を迎えることは

産後クライシス」が大きくかかわっているかもしれません。

 

どんなことが原因で

どうすれば解決できるのか

私の経験も交えて考えてみました。

産後クライシスってなんだべ?

 

出産直後から数年の間に夫婦間に溝が生まれたり、愛情が冷めてしまったりなど夫婦関係が悪化してしまうことを産後クライシスといいます。

 

とくに産後2年以内の離婚率が高い傾向にあるようです。

参考元:ベネッセ総合教育研究所

 

参考データによると、出産時点では夫婦の愛情に大きな差は見られませんが、子育てしていくなかで女性の夫への愛情が急速に冷めていき、夫との温度差がでてくるのが子どもが2歳になるころ。

 

 

厚生労働省の調査でも産後2年以内の離婚率が高いとされています。

出産後の急速な夫婦関係の悪化現象を「産後クライシス」と名づけたことで、その認知度が高まったようです。

 

 

乗りこえ時期の目安として2年。

ですが、産後2年を女性がたえたとしても現状が変わらなければ、ずっと気持ちはくすぶり産後数年経っても離婚の気持ちが消えなかったり、夫への愛情が冷めてしまったりする人もいらっしゃいます。

かなり深刻な夫婦問題といえるのではないでしょうか。

 

産後クライシスで離婚すると後悔する?

 

産後クライシスについて調べていくと

「離婚したい」という声が多くありました。

ですが後悔したという人も

たくさんいらしゃるようです。

 

 

その理由にはやはり経済的な問題が

1番にあることがわかりました。

 

 

離婚を選んだ私、ちょこんの場合

 

産後クライシスという言葉は聞いたことがあったのですが、

なにを意味するのかまではわからなかった私。

 

ブログで記事を書くことでさまざまな情報にふれて

初めてその意味を理解したのですが、

最初の結婚で夫と別居したのが

下の子が1歳3か月のとき。離婚したのが1歳8か月でした。

 

 

私、産後クライシスだったんだ…

それに気づいたのが離婚から十数年たった

本当にごく最近の話(笑)

 

 

なぜ離婚に至ってしまったのか思い出してみると、

若かったということもありますが

2人目を出産したあとからケンカが絶えず

ほぼ毎日ケンカすることに疲れていました。

 

 

きっかけは元夫の暴力だったのですが

ある日プツンと私の限界を超えてしまい離婚を決意!!

 

 

そっから私の行動力はすさまじかったです(;’∀’)

もちろん1人で2人の小さな子どもを育てていくことに

経済的にも不安はありましたし、

父親のいない子にすることもすごく悩みました。

 

 

でも、ぜんっぜん後悔していません!!

むしろスッキリし、すがすがしい気持ちで再スタートできたので

育児を心から楽しめましたし笑顔が増えました。

 

 

 

そんな私ですが子どもたちには寂しい想いを

させているのではないか不安で、

子どもたちに何度か確認したことがあります。

 

 

そのたびに「今が楽しい!」そう答えてくれました。

私に遠慮していったのかどうかを長男が二十歳になったとき

しつこい私はまた聞きました(笑)

 

 

「母さんが笑顔で頑張ってくれたから

パパがいなくて寂しいと思ったことは1度もないよ」

本当に嬉しかったです(泣)

 

 

長女も今年で二十歳になります。

しつこいかもしれませんが

長女にも聞きたいと思います(;´∀`)

 

 

あれ?なんの話だっけ??

 

 

大きく話がそれてスミマセン…

つまり、産後クライシスを知らずとはいえ

離婚を選んだ私ですが

後悔はしていないということ。です!!

 

 

後悔した人に多かった理由

 

産後2年以内で離婚する率が高い産後クライシスですが、離婚した人が後悔した理由でもっとも多かったのが「経済的に苦しい」でした。

 

 

またホルモンが大きく影響していることがわかれば離婚を踏みとどまったし、経済的なことを考えれば我慢できたかもしれないと考えるようです。

 

 

もっと話し合ったら良かったかもしれないなどの理由が多くみられました。

もし夫と離婚したいほど嫌いと思っていても、離婚するメリットがあるのかデメリットのほうが大きいのではないかをしっかり考える必要があるのではないでしょうか。

 

  • 経済的に自立できるのか
  • 働き口はあるか
  • シングルマザーになっても仕事や育児、家事にとやっていく自信があるのか

 

など1つ1つクリアしていかなければ後悔してしまうかもしれません。

 

産後クライシスを乗りきるには?

Suponsored Link

私が産後クライシスを乗りきれなかったので

偉そうなことはいえませんが(笑)、

まずは夫婦でお互いのことを理解しあうことが

大事なようです。

 

妻が理解しやるべきこと

 

産後はホルモンのバランスが大きく変化し

感情のコントロールがとても難しくなります。

 

 

イライラしたり悲しくなったりすることは

出産後なら差はあれど誰しも経験することです。

また育児でまともに眠ることなんてできません。 24時間、小さな命を守っていかなくてはならない責任感もあり 心身ともに本当に疲労が蓄積されてしまいます。

 

 

 

こんなに大変な想いをしながら

赤ちゃんを育てているのに

産後も生活スタイルの変わらない夫

イライラしてしまうことでしょう。

 

夜泣きも気づかず眠っている夫。

仕事で疲れたからちょっと休憩…といってスマホばかりいじる夫。

おむつを替えたからとイクメンぶる夫(しかもウンチは替えられない)。

あとで洗濯干すから休んでてといって忘れる夫。

 

などなどイライラさせられることを

あげてみればきりがないかもしれませんが、

夫は休憩してばかりや遊んでばかりではないはずです!!

 

 

しっかり外で働いて生活に困らないよう稼いでいます。

ただ、なにをどのくらい手伝ったらいいのか

わからないだけかもしれませんし、

教えないとできないだけのはずです!!

 

 

つまり具体的な指示が必要と考えましょう。

 

 

  • たとえばウンチの拭きかたを教える!!

 

赤ちゃんがウンチしたときに

「ウンチだよ~」といってくるなら

そのままそばで見守りながら

 

「女の子は前から後ろに拭くんだよ」とか

「優しく丁寧に拭いてみて」など

 

1つ1つ指示をだしながらやってもらう。

それがクリアできたら褒める!!

 

 

「私より上手かも!!さすがパパだわ」

など大げさに褒めると次もやってみようと思ってもらえるかも^^

 

疲れているのはママもパパも同じか

それ以上に育児は疲れますが、

笑顔は忘れずにいたいもの

です^^

もちろんずっと笑顔でいるなんて難しいですが、仕事から帰ってきたときは笑顔で「おかえり」と迎えいれるよう心がけるとか、後片づけしている間、赤ちゃんを見てもらったら 「助かったよ。ありがとう」を笑顔でいうなど。

 

いつもイライラしてブスっとした不機嫌な顔の妻より

妻の笑顔があるほうが夫も頑張ろうと努力してくれるかもしれません。

 

 

抱えている不満を気づいてもらおうとするのではなく

「育児のどの辺が大変」で、「どんなことが辛くて」

「なにに不安を感じて」いて、「どいうふうに手伝ってほしい」のか

具体的に話すことが大事です。

 

不機嫌で怒っているのはわかるけど…

なににイライラしているのかわからない…

 

 

そう思うのは男性・女性関係なく

同じではないでしょうか。

 

 

テレパシーがつかえるわけじゃないので、

ちゃんと言葉にして伝えないと

いいたいことも伝わらないですよね。

 

 

私もやってほしいことがあってもいわず

1人であれやこれやと忙しくしているときに

気づいて手伝ってくれよ!!

なんて転がってテレビを見ている夫に

イラついたものです(;´∀`)

そんな私に夫は

 

 

言ってくれないとわからないよ? ちょこんだって言われないとわからないことあるでしょ?

 

そりゃそーだ!!

私も夫もエスパーじゃないんだ!!

 

 

「こういうときはどうしてほしい」

ということを具体的に話し合ってきた結果、

なんでも任せられるスーパーパパ夫になりました(*’▽’)

 

夫が理解しやるべきこと

 

 

産後の女性がどんな状況におかれているのか

まず理解しましょう。

 

出産によってホルモンバランスが大きく変わる女性。

そのうえ24時間、休憩なし睡眠時間ほぼなしの労働になります。

「家事は妻の仕事で育児はママの仕事」という考えを改めましょう。

 

 

仕事が休みのときぐらいゆっくりさせてよと

思うかもしれませんが、家事や育児は待ってくれず

休みの日がありません!!

 

 

あなたがそう言うなら

私の休みはいつですか?”(-“”-)”

とケンカになる可能性もあります。

 

子育てはママ1人では負担が大きすぎます。

そもそも2人の子どもです。

パパも責任をもって育児をしなくてはならないと自覚しましょう。

 

仕事が忙しくて

普段あまり育児ができていないのでしたら

休みの日はパパもしっかり育児をしましょう。

 

 

ゆっくり休む時間がないのはお互い様で、

子どもが大きくなるまでの辛抱です。

 

 

小学校に上がるころには、

ゆっくりする時間をつくることはできます。

 

 

普段は仕事でママ任せになるようでしたら

必ずねぎらいの言葉や

感謝の声かけ

を忘れないようにしましょう。

 

産後クライシスは「夫婦で」がポイント!

 

 

長くなってしまいましたが

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

産後クライシスは離婚を招きかねない夫婦の深刻な問題です。

乗りこえるためには夫婦2人で協力し合うことが大切です。

 

 

育児は本当に大変な仕事なので

どちらかの力が欠けては

健全にはぐくむことが難しくなります。

 

 

常に話し合いお互いが支えあうことで

乗りこえるしかありません。

 

 

しっかりコミュニケーションをとることで

これから先もお互いが助け合える存在に

なれるのではないでしょうか。

 

 

産後クライシスを乗りこえることが

長い夫婦生活を円満にする秘訣といっても

過言じゃないかもしれませんね(*^^*)

 

夫や旦那への愛情が冷めてしまうことに悩むママはとてもたくさんいます(わたしもです)。その原因をより具体的に知りたいと思っている夫や旦那さんもきっといることでしょう。なぜ妻が冷たくなったのか、また産後ママはわかってくれない夫へのイライラをどうしたらいいのか悩んでいたらぜひチェックしてください!!

出産後の夫や旦那への愛情が冷めるのは普通?原因やイライラする理由は?

産後に義母や姑にイライラすることってありませんか?それにもちゃんと理由があります。もし産後ママが義母や姑に冷たいと感じたら、パパさん、あなたのお母さんにこの記事を読んでもらってください。

義母に理解してほしいガルガル期!産後の嫁が孫に会わせない理由は?

最後までお読みくださりありがとうございました!!

参考になりましたら幸いです^^

Suponsored Link

 

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す