運営者プロフィール

はいたーい!沖縄在住のちょこん改め、稲嶺せらと申します。

5人の子どものママをしています。

 

ちょこんこと稲嶺せらってどんな人?

 

上から22歳長男、20歳長女、4歳次男、3歳次女、2歳三女の5人のママ。日々育児に追われる毎日です。長男は自立し1人暮らし、長女は専門学校へ通いながらバイトに励み、家では良き姉として育児を助けてくれます。

 

なぜこんなに子だくさんなのかと言いますと、実はシングルマザーだった私を今の主人が拾ってくれたからです(笑)上2人を連れて再婚し、下の子3人に恵まれました。夫は一回り下の29歳。スーパーパパ夫で、4歳3歳はパパを愛してやまないパパッ子。ママとしてはちょっと悲しいですが…。

 

ブログをはじめたきっかけ

 

人生、山あり谷ありなんですよね。37歳のときに次男を出産したのですが、育児休暇中に会社が倒産。そしてそのまま次女の妊娠がわかりました。

 

でもね、我が家は共働きじゃないと生活が苦しい状況でした。長いことシングルマザーだったので、働かないと落ち着かないってのもあったんですよね。

 

家にこもっていられないというか早く働いて、家計をどうになせねばと思っていました。そして、38歳で次女を出産してから3か月後には就活をし、4か月目に第一志望の会社に正社員で採用されたのです。

 

就職から半年後に三女妊娠

 

就職してから半年間はほとんど眠れませんでした。次女の夜泣きがあったからなんですね。疲れが半端なかったですが、夫と夜泣きを交代で対応していたので何とか乗り切れた感じです(笑)。

 

就職してからあまりにも忙しい日々に追われ体調が悪いことも日常的になっていて、三女の妊娠に気づくまで少し時間がかかりました。

 

仕事中にものすごい吐き気に襲われても、疲れているんだろうなって思っていたわたし。だんだん体のだるさや眠気、吐き気が強くなっていったところでようやく妊娠に気づいたのです。

 

本当なら予定日ギリギリまで働きたいと思っていたのですが、体がついていかずに断念し、泣く泣く会社を退職。またまた生活が不安定になってしまいました。

 

自業自得といわれても仕方ありませんが、夫は最低でも子どもは3人希望していたし、わたしの年齢や体のことを考えるとめちゃベストだったんですけどね。

 

そうだったとしても現実は生活していかなければなりません。となると、家にいながらでもなんとかお金を稼げる方法はないのかってことに行きつきました。

 

最初に見つけたのは在宅ワークというスタイル

 

インターネットを検索しているとすぐに「在宅ワーク」という文字が目に飛び込んできました。

 

在宅ワーク…?

どんなことするのかな?わたしでもできる?

 

調べていくとどうやら、家にいながら文章作成したりデータ入力したり、音声を文字に起こしたりなどいろいろな仕事があって、それが報酬になるということがわかったのです。

 

それって妊娠中のわたしからすると、とても魅力的なワークスタイルだなって思ったんですよね。もちろんすぐに報酬につながるような大きな仕事はできなかったけど、資格や専門スキルなんてなくても仕事がたくさんあるっていうのもいいなって思いました。

 

そしてライターの仕事をしながら他にも家で稼ぐ方法ってあるんじゃないかって思ったんですね。それがブログとの出会い。でも、そのときはわたしにブログなんて無理と却下したのです。

 

三女を出産したら体の不調が次から次へと

 

ところが、三女を出産したあとは、トラブルにどんどん襲われました。出産後は骨盤や恥骨が痛すぎて歩けないし、退院後は腰痛に子宮の痛み、マタニティーブルーやうつ、育児ノイローゼのような症状。

 

頻尿や抜け毛に手首の腱鞘炎などなど、心も体ももうボロボロ(;’∀’)それでも日々の生活が忙しすぎて自分の体のことなんて、「産後のものだろう」とごまかして後回し。

 

この体調は産後あるあるなのか、ほっといても大丈夫なのかネットで検索してもいまいちピンとくる記事がない。そんなときにまた、ブログに出会ったのです。

 

ブログで悩みを解決できる

 

ブログをはじめるきっかけになったブログは、産後の体調不良の記事ではなく、ブログが資産になるというブログでした。

 

それってどういうことなんだろうと、どんどん調べていくと、本当にわかりやすく丁寧に説明されたブログと出会ったんです。

 

そのブログの影響をうけて、わたしも産後の悩みを解決しながらブログで同じように悩んでいる人に届けたいと思うようになったんですね。

 

産後ってどうしても育児が優先で、自分のことを後回しにしている女性って多いと思います。わたしと同じように、「ただ疲れているだけ」とか「寝不足がつづいているからだろう」と。

 

でもね、そうしていたらわたしは病気になりました。重い腰をあげなければもしかすると命がなかったかもしれません。

 

わたしの経験が少しでも誰かの役にたてばいいな~と思っています。そして、産後の女性が笑顔で過ごせるお手伝いができたらいいな~と。

 

今はね病気も安定し元気に過ごせるようになりました。末っ子を出産してから2年たちました。産後のトラブルは2年つづくと思います。

 

それは体だけでなく、心や夫との関係など含めてね。妊娠や出産は病気じゃないといわれていたので、大変でもきつくてもつらくても、誰にもいえないんだよね。

 

「大げさな」って思われるんだろうなとか、みんなができているんだから、母親になったら誰でもできることや経験することなんだからって自分に言い聞かせていました。

 

自分のことも含めいろいろ解決策や悩みを調べていくと、個人差ってあるんですよね。それをママになったら、母親になったらみんな同じようにできると思い込んでいる。

 

それができなくて、それに気づかなくて、苦しんでいる人がいる。産後の女性はもっともっと甘えてもいい環境にいるべきなんじゃないかな~。せめて産後2年は。

 

産後の女性が笑顔でいられれば、たいていのことは乗り越えていけると思うんだよね。なのでわたしはブログでHAPPYになれる方法を発信していきたいと思うのです。

 

ちょこんこと稲嶺せらにとってブログとはどんなものか気になったら見てね(*´▽`*)

産後トラブルに関する悩みブログでアクセスを集めるのは生きがい?

コメントは受け付けていません。