産後の生理再開の期間は?1年こないと病院に受診した方がいい?

Suponsored Link

はいたーい、ちょこんです。

今回は、「産後の生理再開」について書いていきたいと思います。

 

産後、生理がいつ始まるのか気になりませんか?もし、「早く次の子が欲しい」と望んでいる方は気になるかもしれませんね。授乳中だと、生理が再開するのは遅いと聞いたことがあるという方も少なくないでしょう。

 

それは本当なのか、また、いつを目安に次の妊娠を考えればいいのか詳しく解説していきますので、一緒に見ていきましょう。

産後、生理再開するのはいつ?

 

妊娠することで生理が止まりますが、「出産したらすぐくるの?」と考えている方もいることでしょう。出産を経験したことがある方なら、すぐ生理が再開しないことはご存知ですよね。それは一体なぜなでしょうか?

 

意外と知らない生理がくるメカニズム

 

女性ホルモンである、エストロゲンという卵胞ホルモンと、プロゲステロンという黄体ホルモンの働きにより生理がきます。赤ちゃんを育てるためのベッドを用意しますが、受精しなければ不要になったベッドは古くなるので、新しいベッドを作るために、体の外に捨てなければいけません。

 

それが、生理の出血です。お気づきかもしれませんが、受精すれば用意していたベッドを使用するため生理はこなくなるのです。

 

産後すぐ生理が再開しない理由

 

妊娠することで生理が止まることは分かったかと思いますが、ではなぜ、出産してもすぐ生理がこないのでしょうか?それもまたホルモンが関係しているのです。妊娠中増えていたホルモンが、出産することで減少します。

 

産後は母乳を生成するプロラクチンというホルモンが分泌されるのですが、そのプロラクチンには、排卵を抑える働きがあります。産後にすぐ生理が再開されない原因は、プロラクチンの働きが活発になっているからです。

 

ホルモンが再開のカギ

 

先に述べたように、生理再開のカギを握っているのは、母乳のためのプロラクチンということになりますね。ということは、「母乳をやめたら生理がくるの?」と思われることでしょう。

 

ですが、それは少し違います。確かにプロラクチンは排卵を抑える働きがありますが、それには個人差があるからです。

 

しかし、母乳と排卵は大きく関係しているとも言えますね。特に、夜間帯の授乳回数が多い場合ですと、生理再開が遅れる傾向にあります。

プロラクチンの分泌が、夜間帯に活発に行われるからです。夜泣きが少なくなり授乳回数が減っていくことは、生理再開の時期が近くなる可能性が高まってきます。

 

授乳していれば生理再開は遅い?

 

授乳していると、生理再開が遅いと思っている方もたくさんいらっしゃることでしょう。先にも書きましたが、生理の再開には、どのホルモンが優位になるかで決まります。では、それぞれのタイプに分けて解説していきます。

 

タイプ1、完母の生理再開時期

 

こればかりは個人差が大きく一概には言えませんが、完全母乳だからといって生理がこないわけではありません。

 

先ほど解説しましたプロラクチンの分泌により、生理再開の目安にはなりますが、ずっと授乳しているから生理はこないと考えていてはいけません。

 

夜間帯の授乳回数が少なくなることで、プロラクチンの分泌も減少していくからです。もちろん個人差がありますから、夜間の授乳回数が変わらなくても、プロラクチンが減少し排卵する可能性はあります。

 

タイプ2、完ミの生理再開時期

 

なんらかの理由があって、出産後、完全ミルクで育児をするという方も少なくありません。完全ミルクですから、産後に分泌されるプロラクチンが、早めに減少していきます。

ですが、すぐ生理が再開するわけではありません。ある程度の期間、授乳しなければ、脳がプロラクチンを必要ないと判断しその分泌量が減少していきます。

それに伴い、排卵をうながすホルモンが優位になることで、生理が再開されます。早い人は産後2ヶ月以内で、遅くても半年以内には生理が再開されるようです。

 

私の場合、下の子3人は産後1ヶ月ほどで完ミになり産後3ヶ月以内で再開しました。上2人は、産後3ヶ月まで母乳でしたが、産後6ヶ月以上1年未満と再開までに少し時間がかかっています。

 

タイプ3、混合の生理再開時期

 

では、母乳とミルクの混合だった場合はどうなるのか気になることでしょう。これもやはり個人差がありますので、「いつ」とは言いきれません。

 

混合でも夜間帯は母乳で、昼はミルクとなりますと、やはり再開まではプロラクチンの働きで、生理再開までに時間がかかる可能性はありますし、逆に、夜間帯はパパと交代で育児できるように、母乳は昼間だけの場合ですと、プロラクチンの分泌が少なくなり、排卵する時期が早くなる可能性もあります。

 

ストレスの影響はあるの?

 

ストレスが原因で、生理再開に影響がでるのか気になりませんか?産後の忙しさがストレス要因となり、心身の不調を引き起こすきっかけになることもあります。

 

女性の体はデリケートですので、ストレスの影響を受けやすいのです。ですから、生理再開にかかわってくると言えます。どういう状況がストレスの原因になるのか、3つに分けて見ていきましょう。

 

睡眠不足が原因

 

 

出産して退院すると実家で過ごされる方、実家にお世話にならず自宅へ帰る方とさまざまです。ですが、どの状況にしろ産後は育児に追われますから、ゆっくり睡眠を取るというのは大変難しいことです。

 

睡眠不足が続くと、心身ともに疲れがたまり、マタニティーブルーや産後うつの引き金にもなりかねません。それが原因で生理再開に影響がでることは、十分考えられます。

 

育児疲れが原因

 

お腹のなかで大切に育んできた命に、出会えた喜びは大きいでしょう。”大事に大事に育てるからね”と赤ちゃんに誓った方もいるかもしれませんね。

 

最初のころは、産後ハイの影響で眠らなくてもお世話が楽しくて苦痛ではなくても、ゆっくり眠る時間がとれないと、体だけでなく心まで疲れてきます。

育児だけに専念できず、家事や上の子のお世話まで1人でやらなきゃと抱え込み、体を休めることができない場合、楽しいはずの育児がだんだん楽しむことができなくなり、心も体も疲れてしまいます。育児疲れが生理再開に関係ないとは言いきれません。

 

パパとの関係

 

産後の女性はホルモンの影響が強く、自分の感情を上手くコントロールすることができなくなります。時間が経てば徐々に安定していきますが、パパの何気ない言葉にも大きく心が揺さぶられてしまうこともあります。

また、パパのことが大好きなはずなのに、心にもない言葉を口にしてしまったり、感情をぶつけたりすることが自責の念にかられ、パパとの関係がストレスになり生理再開に影響する可能性は否めません。

 

産後、生理再開しなくても妊娠する?

Suponsored Link

ずばり、妊娠します!知っているという方も、驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんね。産後、まだ生理が再開していないにもかかわらず、なぜ妊娠するのか説明していきます。

 

排卵していたら可能性は高い

 

生理がきてから排卵していたことに気づくかもしれませんが、排卵は生理がくる約2週間前にあるため、夫婦生活が排卵日にあたれば、生理が再開していなくても妊娠することはあります。

生理再開する前に、次の子を予定していないのであれば、生理が再開していなくても避妊しましょう。

 

婦人計で基礎体温をつけていればおおよその排卵日が分かるでしょうが、確実ではないので早めに次の子を望んでいる方は、基礎体温表を医師に見せて相談したほうがいいですね。

 

生理が再開していても、無排卵のことも!

 

生理が再開していても、無排卵の場合も少なくありません。産後は、体の機能が回復に向かっていく段階で妊娠しないように、ホルモンがコントロールしているとも言われています。次の子を希望している方は、産婦人科で相談することをおすすめします。

 

どれぐらいこなかったら病院へ行くの?

 

なかなか生理再開しないことが、不安になることもありますよね。では、産後どのくらいの期間を待って病院へ行ったらいいのか、その悩みを解消していきましょう。

 

目安は1年半!

 

生理の再開には、とても個人差があります。それは、授乳やストレスなどといった体調にもかかわりがあるからです。

 

ほとんどの方が、産後1年未満には再開するようですが、人によって産後1年以上再開しないという方もいらっしゃいます。

遅くても1年半では再開するので、受診する目安は1年半以上となります。それ以上の期間が経過しても生理再開がない場合、病気が潜んでいることが原因で生理がこないことも考えられるからです。

 

気になったら相談するべし!

 

%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%82%a9%e3%82%80%e5%a5%b3%e6%80%a7

 

妊娠中も言えることですが、産後の体調にも十分注意をはらいましょう。産後の生理再開がないぐらいで……と考えず、些細なことでも気になったら医師に相談することが、安心を手に入れる手段です。

 

産後は母乳の生成でプロラクチンが排卵を抑えますが、個人差がありますので1年半を目安にしてください。

 

もちろんあくまでも目安ですので、1年半も待っていられないという方や、いつもと違う症状がある方、どうしていいのか分からず悩んでいる方も早めに受診することをおすすめします。

Suponsored Link

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す