出産後の里帰りで注意すべき点は?実母のタイプ別でトラブル回避!

Suponsored Link

はいたーい、ちょこんです^^

 

出産後の里帰りをどうしようか悩んでいるママはいませんか?はたして里帰りは、自分にとってメリットが大きいのか悩むところかもしれませんね。

 

また、先輩ママたちから、出産後の里帰りで注意すべき点やトラブルなどいろいろ聞いてしまうと、ますますどうしたらいいのか混乱してしまうでしょう。

 

今回は、出産後の里帰りで注意すべき点や、もっともトラブルのもとになる実母のタイプ別で回避する方法がないものか考えてみました。

出産後の里帰りのメリットと注意点って?

 

出産後は実家に里帰りしようか悩んでいるママも多いことでしょう。里帰りのメリットや注意点を理解しているのと理解していないのとでは、トラブルになってしまったときの気持ちに違いがあるはずです。

 

メリットだけでしたら、

「あ~やっぱり里帰りしてよかった」

って思えるかもしれませんが、もしトラブルに遭遇してしまったら産後の心と体にさらに悪影響をあたえかねません。

 

ここでは実母のタイプを大きく5つにわけて、それぞれのメリットと注意点、トラブル回避方法をご提案したいと思います。

 

実母トラブルってどんなことがあるの?

 

そもそも、自分の母親なのにどうしてトラブルが起きてしまうの?と疑問に感じる人も少なくないでしょう。離れて暮らしているとそう思ってしまうかもしれませんが、出産後の里帰りはしばらくの間、実家でお世話になることになります。

 

一緒に住んでみると、お互いの気にさわる点がでてくるのは本当の親子でも少なからずあるものです。それでは実母タイプ別で詳しく解説していきます。

 

タイプ1、良妻賢母タイプ

 

読んで字のごとく「良き妻」であり「賢い母」タイプ。このタイプの実母は、自分の愛する娘が孫をつれて帰ってくるのですから、事前準備をしっかりおこなっています。

 

たとえば、あなたが子供のころつかっていた部屋の掃除から、赤ちゃんが快適にすごせるようベッドやおむつの準備、ベビーバスやらミルクまでとさまざまなことを想定して準備するでしょう。

 

そうです。あなたと赤ちゃんが快適にすごせるように、母親がやるべきことをきちんと考えてくれています。ですから、出産後、赤ちゃんと帰ったらストレスなくすごせるのが良妻賢母タイプの実母です。

ご飯の支度から掃除や洗濯などの身の回りのお世話から、あなたにゆっくり休んでもらうため赤ちゃんのお世話まで、なにもいわなくてもしっかり考えてくれるので、安心して産後の体を癒すことと育児になれることに集中することができます。

また、1番多いトラブルに「育児に口だす」がありますが、良妻賢母タイプは賢い母です。昔と今では育てかたが、さま変わりしていることも勉強済みで、アドバイスや経験談としてさりげなく導いてくれます。

 

たとえば、ママがなにをしても赤ちゃんが泣きやまず困っていたとしても口だしません。あなたが実母に、「赤ちゃんが泣きやまないんだけど、どうしてかな?」と助けを求めたときや相談したときだけ、適切なアドバイスをしてくれます。

あなたが赤ちゃんのときにもね、全然泣きやまずお母さんも悩んだものよ。

 

 

 

なんて経験談を話されたら、「お母さんも悩んで苦労して私を育ててきたんだ」と、同志のような気持になりますし、素直に実母のアドバイスを受けいれられるのです。

 

実母が良妻賢母タイプでしたら、トラブルに遭遇することはないといってもいいでしょう。ただ、困ったことに、あまりにも居心地がよくて自宅に帰りたくなくなる可能性があります。

 

また、実母にうながされてしぶしぶ帰ったとしても、家事や育児を1人でやらなくてはいけないという不安がでてしまうことでしょう。きっと実母はそこも想定して、あなたをしっかり導いてくれるはずですよ。

 

タイプ2、ガミガミ短気タイプ

Suponsored Link

ガミガミ短気タイプの実母だと、出産後の里帰りはあまりおすすめできません。たとえば、実家に帰って数日は尽くしてくれるはずですが、やれご飯づくりを手伝ってとか、洗濯ぐらいできるでしょうなどいって休めなくなる可能性があります。

 

 

実母と掃除の仕方が違っただけで、グチグチいってくるかもしれません。また、育児についても口だしてくるでしょう。産後ゆっくり休むどころか、かえってストレスフルになってしまうことも。

 

 

私の時代は…なんて苦労自慢するようでしたら注意したほうがいいかもしれません。もし、ガミガミ短気タイプの実母でしたら、短期間だけ里帰りするといいでしょう。たとえば「2週間だけ」なら実母もガミガミいわず耐えられるはずです。

 

 

もしくは里帰りしないという選択肢も視野にいれてみましょう。

関連記事では夫婦で乗りきるベストな方法や里帰りしないメリットについて書いていますので、ぜひ参考にしてくださいね!!

 

タイプ3、芯の強いクールタイプ

 

芯の強いクールタイプの実母だったら、サバサバはきはきしている人が多いでしょう。いうことはあまりにも的確で簡潔です。また、自分の意見をしっかり持っている人なので、間違っていたら「違う」とハッキリ指摘してくれるでしょう。

 

とても頼もしい存在といえるはずです。たとえば、赤ちゃんがなぜ泣いているのか状況を把握し分析してくれるはず。どのぐらいの母乳がでていて授乳量は足りているか、ちゃんと授乳後にゲップさせているか、便は何色で量はどのくらいか、お尻は赤くなっていないか、体温はどうかなど。

 

赤ちゃんが不快に思って泣いている原因を探ってくれるでしょう。なんとも心づよいのですが、分析するためにはきちんとしたデータが必要だと、細かく記録を書くことを求められるかもしれません。

 

 

ですが、初めての育児だと赤ちゃんの成長を記録するべく、日記をつけるママも多いでしょうから問題なくクリアできるのではないでしょうか(*^^)v

 

タイプ4、おっとり穏やかタイプ

 

実母がおっとり穏やかタイプで、産後のママがせっかちタイプならイライラしてしまうかもしれません。

そんなにゆっくりお風呂にいれていたら、赤ちゃんが風邪ひいちゃうよ!!

 

 

とか、

あ~、着替えさせるのが遅いから寒くてくしゃみしてるじゃん!!

 

 

 

などなど。

 

でも、おっとり穏やかタイプな実母はイライラされてもなんのその。

まあまあ、そんなに怒ったら赤ちゃんがびっくりしちゃうよ~

 

 

 

と流されてしまうでしょう。実母のほうが一枚も二枚もうわてです。ただ、実母の穏やかな笑顔をみたら、イライラしていてもしょうがないという気持ちになりそうですよね。

育児に疲れてどうしようもない気持ちになってしまっても、おっとり穏やかタイプの実母ならあなたの気持ちをあたたかな心で受けとめてくれるでしょう。怒りも苦しみも悲しみも母の胸に飛びこんでしまえば、スーッと消えていくはずです^^

 

タイプ5、ケチケチ節約タイプ

 

ケチケチ節約タイプの実母だった場合、トラブルの原因はやはり「お金」でしょう。里帰りでお世話になる期間の生活費を、しっかり決めて支払えばさほど大きなトラブルになることはないでしょうが、事前にいくら支払うのかすり合わせておかないと、あとあとさらに要求される可能性はあるはずです。

 

たとえば、実母と事前の話し合いで、食費や光熱費と合わせて気持ちのぶんをうわ乗せするとしましょう。それが、1か月ぶんなのか、1日単位なのかもすり合わせて計算したほうが無難です。

 

また、あとでトラブルのもとにならないためには、しっかり内訳書なるものを作成して了承を得たほうがいいでしょう。面倒くさいかもしれませんが、金銭面さえクリアすればあまり問題にならないはずです。

 

 

ただ長居することはおすすめしません。ケチケチ節約タイプの場合、長くいれば長くいるほど口うるさくなっていく可能性が高くなります。下手すると、トイレは2回に1回流せばいいとなりかねません。ちょっとこれはいいすぎかもしれませんが(笑)、可能性としては大いに考えられることです。

 

まとめ:郷に入っては郷に従え

 

 

実家といえども、「郷に入っては郷に従え」なのかもしれませんね。実母のタイプによっては、快適にすごせたりトラブルになったりするのは仕方ないのでしょう。

ただ、先にどんなタイプの実母かわかれば、考えられるトラブルを回避できる可能性は十分にあるでしょう。出産後の里帰りの目的は「産後の体を癒す」ことと、「育児になれていく」ことです。

里帰りでストレスフルになってしまっては本末転倒ですよね。

 

 

また、ホルモンバランスがくずれることによる不調や、出産・育児による疲れやストレスが産後うつの引き金になってしまうこともあります。産後うつはママにとって本当に深刻な問題になるので、あなたにとってベストな選択ができるといいですね!!

 

夫や実母など身近な人の助けがあっても産後うつになってしまうのは、ママのせいではありません。産後のホルモンや睡眠不足などさまざまな要因が重なり、脳が混乱しているのが関係しているようです。 つまり、しっかり「病気」として認識し適切な治療を受けなければどんどん悪化していく可能性があります。心身に不調を感じたら、ぜひ下記記事をチェックしてみましょう。

「産後うつ」って怖い病気?サイン6つを見逃さずしっかりキャッチ

産後の睡眠不足はいつまで?寝不足のトラブルは産後うつの原因?

最後までお読みくださりありがとうございました!!

参考になりましたら幸いです^^

Suponsored Link

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す