産後は生理再開や痛みに量など悩みがたくさん?病気の危険性は?

Suponsored Link

はいたーい、ちょこんです!

産後の悩みで多いことの1つに、生理についてがあげられます。生理がいつ再開するのかや、生理再開したと思ったら生理痛が重くなったり不順になったりなど、悩みはつきません。

 

今回は、産後生理トラブルを5つまとめてみましたので、生理についての悩みや病気危険性がないか不安を抱えているママは、ぜひ参考にしてくださいね。

 

産後は生理についての悩みがたくさん?

 

産後の生理で悩みを抱えていませんか?

生理再開っていつ?

生理痛がひどくなった…

妊娠前とは明らかに生理の量が違う!

 

など、産後の生理で悩む人は少なくありません。これって普通?それとも何か病気なの?と1人で不安な想いをしているママに、具体的な解決策をご紹介します。

 

産後に生理再開するのは”いつ”かの悩み

 

出産して生理がすぐ再開されることはありません。ただ個人差が大きく、授乳やホルモンの影響で人それぞれ再開時期がことなります。産後に”いつ”生理が再開するのかわかれば、次の妊娠の目安になりますよね。

 

また、育児休暇中で職場復帰を控えていると、ますます再開時期が知りたいと思うのは当然かもしれません。授乳タイプ別で生理再開に影響するのかもくわしく解説していますので、関連記事をチェックしてみましょう。

 

 

どれくらい生理が再開されなければ病院受診したほうがいいのかも書いています。女性の体はストレスに影響を受けやすく、生理再開も左右されることがあります。具体的な影響も参考にされてくださいね。

 

生理の量やおりものが変化する悩み

 

産後に生理が再開したとしても、妊娠前と量が違ったりおりものまで変化することがあります。妊娠前よりすごく量が多くなった場合や、逆に少なくなったということもあると心配になってきますよね?

 

とくに大きめナプキンからもれてしまうほどの量だと、びっくりしてしまうはずです。変化するのはなぜなのか、原因についてくわしく知りたい人はチェックしてみましょう。

 

 

どういった変化だと病院受診したほうがいいのか、また、病気の可能性はないのかも解説していますよ。また具体策も参考にしてくださいね。

 

産後に生理痛が重くなった悩み

 

生理が再開したと思ったら、妊娠前より生理痛が重くなってひどくなる人もいらっしゃいます。なんとか我慢できる痛みだったとしても、毎月のことだと気持ちも沈みがちになってしまうでしょう。

 

また、ひどい人だと起きあがることすらできなくなる場合も。あまりに生理痛が重くてひどいと、辛すぎて育児にまで影響がでてしまいます。

 

産後に生理痛が重くなる原因はなんなのでしょうか?解消できるのか気になったら下記記事を参考にしてくださいね。

 

 

痛みを我慢してストレスになっては心身ともに辛くなってしまいますよね。解消法5選をぜひチェックして、痛みのストレスから解放されましょう!!

 

生理痛がひどくて眠れない悩み

 

産後すぐから赤ちゃん中心の生活になりただでさえ睡眠が足りていないママにとって、生理痛があまりにもひどくて眠れないのは、正常な判断さえも鈍らせてしまう可能性があります。

 

ひどい人になると、強い痛みに嘔吐する人やのたうち回るほどの腹痛に悩まされる人も。そんな状態がつづけば、うつ気分になってもおかしくないですよね?こちらで生理痛がひどくなる主な原因を3つあげて解説しています。

 

 

痛みを和らげ快眠へ導く方法も載せていますので、辛い痛みを我慢しないでチェックしてくださいね。

 

産後に生理が不順になる悩み

 

産後はホルモンバランスが崩れているため、産後に生理が再開しても不順になることは多々あります。どうして不順になってしまうのか具体的な原因については下記から読めます。

 

 

生理不順だけで病院へ行っていいのか気になっている人も多いかもしれませんね。上記記事では、病院へ行く基準や必要性などくわしく解説しています。

 

これぐらいで…と思わず、どんな些細なことも先生のひと言で安心することってありませんか?ママの健康はママしか守れません。健康に不安があるとどうしても育児にも影響すると思います。受診することで安心できれば、笑顔で育児もできるはずですよ^^

 

まとめ:痛みや不安は我慢する必要なし!

 

授乳をしていると、どうしても薬に頼りたくないと思ってしまいます。ですが、もし耐えがたいほどの痛みがあった場合、もしかすると病気が隠れている可能性もあるかもしれません。

 

また、生理不順ぐらいでと思っていたら、ただの生理不順ではなかったということもあります。放置していても治るどころか悪化させてしまう危険性も考えられますので、たかが生理トラブルと思わず適切な対処を心がけましょう。

 

最後までお読みくださりありがとうございました!!

参考になりましたら幸いです(*’▽’)

Suponsored Link

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す