生理痛がひどくて眠れない?産後の辛い痛みの原因と快眠方法は?

Suponsored Link

はいたーい、ちょこんです!

 

毎月やってくる生理。痛みがひどくて眠れないなんてことはありませんか?産後に生理痛が軽くなった人もいるというのに、逆にひどくなる人もいらっしゃいます。

 

生理痛ひどくて眠れないと本当に辛いですよね。育児中ならなおのこと。ただでさえ睡眠不足がちなのに、痛みにも悩まされていたらたまったもんじゃありません!!

 

産後辛い痛み原因快眠方法をご紹介しますので、ぜひ実践してみましょう。

 

生理痛がひどくて眠れない?

 

生理痛が寝れないほどひどい場合、日常生活にまで支障をきたしてしまうこともあるかもしれません。生理のたびに頭が重い感じや頭痛、ひどい人になると吐き気や起き上がれないほどの腹痛に悩まされることもあるはずです。

 

毎月そんな状態になったら心身ともに疲れ果ててしまいますよね?そもそも生理痛はなぜ起こるのでしょうか。メカニズムから見ていきましょう。

 

そもそも生理痛はなぜ起こるのか

 

生理の仕組みは理解していますか?もしかすると女性でもしっかり理解している人は少ないかもしれませんね。わかりやすく説明すると、女性は毎月、妊娠に備えて赤ちゃんのためのベッドをつくっています。

 

妊娠が成立しなければ赤ちゃんのベッドは不要になりますよね。ベッドもつねに清潔を保たなければいけないので、その月でいらなくなったベッドを体の外にださなくてはなりません。それが生理の出血です。

 

不要なベッドを体の外にだすために、子宮は収縮しながらベッドを子宮内膜からはがしていきます。その収縮が強く起こるときに痛みを感じるのです。

 

痛みを感じさせているのはプロスタグランジンという物質なのですが、プロスタグランジンには不要になった赤ちゃんのベッドを体の外に排出させる大事な役割があります。

 

ですが、プロスタグランジンには痛みを感じさせる作用もあるため、たくさん分泌されるとそれだけ強い痛みを引き起こしてしまうのです。

 

産後に生理痛がひどくなった原因は?

 

妊娠や出産をする前から生理痛で悩まされていた人や、産後に生理痛がひどくなったという人もいらっしゃるでしょう。どうして産後に生理痛がひどくなるのか原因が気になりませんか?

 

痛みの原因がわかれば和らげる方法が見えてくるはずです。一緒に原因を探っていきましょう。

 

骨盤のゆがみを正していない

 

産後に再開した生理があまりにも痛くてのたうち回る人も少なくありません。そんな辛い痛みの原因は骨盤のゆがみを正していないことにも関係しています。

 

出産で開いた骨盤は、産後、時間をかけて徐々に戻っていきますが、産褥体操や骨盤ケアをしないとゆがんだままになってしまいます。

 

きちんともとに戻さなければ、子宮や内臓の位置も戻らずゆがんだままになってしまうため、骨盤のゆがみが子宮を圧迫したり生理のときに上手く骨盤が開かず、生理の排出が困難になったりすると生理痛の悪化につながってしまうのです。

 

骨盤は体の中心部

骨盤は子宮や膀胱など体の重要な臓器を守る役割があるので、ゆがんだままだとさまざまな不調を引き起こすことに!

 

 

産後に冷え性になった

 

生理痛のひどくて辛い痛みの原因は、「冷え性」にもあります。産後に冷え性になったという人も少なくありません。冷えは女性の大敵で、万病のもとともいわれるほどです。

 

体が冷えることで血液の循環が悪くなったり滞ったりすると、痛みを強く感じるプロスタグランジンが多く分泌されてしまいます。

 

産後の冷え性は、

骨盤のゆがみが原因とされています。産褥体操や骨盤ケアで骨盤のゆがみを改善するには、出産から半年以内がベストといわれています。なぜなら骨盤がやわらかく戻しやすくなっているからなんですよ!

 

寝れないストレス

 

産後は赤ちゃんのお世話があるため、そうそう寝ていられません。というかつねに睡眠不足の状態。眠れないことは大きなストレスです。

 

また、寝れないストレスから自律神経を崩れやすくしてしまうこともあり、生理痛をより重くさせてしまうことになります。

 

ホルモンも影響して

育児で眠れないのに、さらに生理痛がひどくて寝れなければそれだけ心身に負担がかかってしまいますよね。ホルモンバランスの崩れでも自律神経に影響しているのに、眠れないことで生理痛も悪化するなんて悪循環の状態なんです!

 

生理痛を和らげて快眠する方法は?

Suponsored Link

 

生理痛がひどくなる原因は、ホルモンバランスや自律神経の乱れなどもありますが、大きくかかわっているのは上記した3つ。もともと冷え性という人は生理痛がひどくなる傾向にありますし、過度なストレスは睡眠の質を下げて、寝不足になりがちです。

 

寝不足がもたらす影響はどんなものがあるのか、こちらを参考にしてください。

寝不足で産後うつ発症や脳機能を低下させる?寝だめは逆効果?

 

痛みを和らげて快眠するには、3つを改善すればいいということになりますよね。次はそれぞれの改善方法をご紹介します。

 

骨盤を戻して冷え性の改善

 

産後に限らず骨盤がゆがんでいる人は、冷え性になりやすといわれています。体の中心部である骨盤のゆがみが、血流を滞らせてしまうからです。

 

手や足、とくに指先が冷たい人はそこまで血液が流れていないため冷たく感じるのだそう。骨盤を正しい位置に戻し、血流を改善させることで体の内部温度を上げることができます。

 

冷え性が改善されれば、痛みを感じさせるプロスタグランジンの分泌が減り、ひどい生理痛が少しずつ和らいでいくはずです。

 

また、生理のときしっかり骨盤が開くため生理の排出が困難だった状況も改善されます。骨盤のゆがみを正すだけで血流がよくなり冷え性の改善、ひどい生理痛の緩和につながり快眠できるという好循環をもたらしてくれるのです。

 

 わたしも温めてました!

お腹まわりが冷えないよう腹巻をしたりホッカイロを貼ったりするのも痛みが和らぐのでおすすめです!ただし、カイロを肌に直接当てると低温やけどすることがあるので、注意してくださいね。

 

横向きの姿勢が痛みを軽減

 

基本的に、痛みが和らぐ姿勢は自分に合った向きで寝ることなのだそうですが、横向きで膝を曲げるとお腹の血行がよくなるといわれています。

 

快眠の姿勢も横向きなんですよ^^

 

なぜ横向きがいいのかというと、仰向けで眠ると舌がのどの奥に落ちてしまいいびきの原因になります。そうすると呼吸がしづらく、深い睡眠を妨げてしまうことになるからです。

 

また、抱き枕をつかって楽な姿勢を保つのもポイント。横向きだと横もれが不安で…という場合は、お尻の下にタオルを敷いたり大きめのナプキンを使用したり、パンツタイプのナプキンをつかってみましょう。

 

ヨガやストレッチでリラックス

 

夜眠る前にスマホを触ったりパソコンを見たりしていませんか?実はその光が脳を興奮状態にするのだそうです。つまり、交感神経を刺激し快眠を妨げることになります。

 

人は主に行動する日中は交感神経が優位になり、眠りにつく夜には副交感神経が優位になります。

 

快眠のポイントは副交感神経にスイッチが切り替わること。

 

副交感神経を優位にするにはリラックスがカギになります。スマホやテレビ、パソコンは就寝1時間前には終了し、脳をリラックスさせましょう。

 

また、眠りにつく前にヨガやストレッチをして適度に血流を促し体をほどよく温めると、布団に入ったときに体温が下がり入眠しやすくなります。

 

血行がよくなることでお腹を温め痛みを軽減することにもつながります。ヨガやストレッチは日常からとり入れるといいかもしれません。痛みがひどくて動けないときは、手浴、足浴でリラックスさせましょう。

 

ハーブティーを飲むなら

ラベンダーには鎮静作用やリラックス効果のほか、生理をスムーズにし生理不順を整える働きもあります!

 

ノンカフェインのハーブティーは、授乳中でも飲むことができます。ただし、飲み過ぎてしまうと副作用もでてしまいますので、生理痛がとくにひどくて眠れそうにない日に1杯だけホットで飲むようにしましょう。

 

まとめ:生理痛のひどい痛みは3つを改善すべし

生理や生理痛の起こるメカニズムや、寝れないほどのひどい痛みの原因、快眠方法をご紹介しました。

原因は3つでしたね!

 

骨盤のゆがみ

冷え性

寝れないストレス

 

 

この3つは産後に注意しなければいけないかもしれません。早めに骨盤のゆがみを正し、冷え性にならないことで生理痛のひどい痛みを防ぐことができます。

 

寝れないストレスについては、痛みで眠ることができないほか育児中だと慢性的な睡眠不足に陥ってしまうので、注意しようにも難しい課題です。

 

体がきついだけで、育児も辛いものになりそれがかえってストレスを増大させてしまいかねません。悪循環にならないよう、夫や家族の助けを求めましょう。

 

近くに助けがない場合は支援制度を活用することも大事です。お金はかかってしまいますが、少しの負担で体が楽になれば育児のストレスも軽減されますし、早めにママの辛さが取り除かれることで笑顔にもなれます。

 

ママが心配…

ママが苦しんでいるとわたしも不安。でも、ママが笑顔だとわたしは安心できるの。

 

支援制度に補助金がでる自治体も多くなってきています。お住いの自治体に問い合わせてみましょう。またあまりにも痛みがひどくて良くならない場合は、我慢せずかかりつけの医師に相談してくださいね。

 

痛みを我慢してもなんの得にもなりません。また我慢が体に良いはずもないですよね!受診する病院は婦人科がいいでしょう。まだ出産して月日が浅い場合や授乳中でしたら出産した産院がおすすめです。飲めるお薬を出してもらうこともできますし、もしかすると何らかの病気の可能性もあるので、ぜひ相談しましょう!!

 

生理痛を和らげて快眠する方法は、

  • 骨盤を戻して冷え性の改善
  • 横向きの姿勢で痛みを軽減
  • ヨガやストレッチでリラックス

 

でしたね。眠れないほどの生理痛が和らいで笑顔で過ごせるよう、ぜひ実践してみてください^^

 

骨盤がゆがんでいると、頻尿や尿もれ、腰痛に悩まされることにもなってしまいます。産後に骨盤を戻すにはいつからどのようにしたらいいのか、こちらを参考にしてくださいね。

産後の体型が戻らない理由は骨盤の形?トコちゃんベルトの効果と開始時期は?

冷え性は万病のもとといわれているけど、実際はどうなの?と思っていませんか。冷え性が引き起こすデメリットについてはこちらをチェックしてみましょう。

産後の冷え性は万病のもと!デメリット6つ原因と改善方法は?

最後までお読みくださりありがとうございました!!

参考になりましたら幸いです(*’▽’)

Suponsored Link

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す