産後の肌荒れは肌質が変化したから?乾燥肌は放置すると危険?

Suponsored Link

はいたーい、ちょこんです^^

産後は体を休ませる間もなく育児がスタートします。そのため、妊娠中まではしっかりお肌のケアができていた人でも、自分にかける時間をどうやってつくるの?と、スキンケアを後回しにしたり、忘れてしまったりとお肌にとってはいい環境をつくることが難しくなります。

 

気づいたら肌が乾燥して痒みが出たり湿疹に悩まされたり、シミやしわが!!なんてこともあるはずです。また、今まで使用していたケア商品が合わないと感じるママも少なくないでしょう。

 

産後肌荒れで悩んでいる人、もしかして肌質変わった?と感じている人、原因はいったいなに!?と考えているかもしれませんね。

 

産後は乾燥肌になる人が多いです。それは授乳と関係があるのでしょうか?乾燥肌放置するのは危険なのでしょうか?1つ1つ見ていきましょう。

 

産後の肌荒れや肌質が変わる原因は?

 

産後に限らず、妊娠中から肌荒れで悩まされる人も少なくありません。とくに産後はなぜ、肌が荒れやすくなるのでしょうか?まずは原因から探っていきましょう。

 

女性ホルモンが大きく影響している

 

女性は産後だけでなく、思春期から女性ホルモンに影響をうけながら生きています。女性ホルモンは2種類。エストロゲンとプロゲステロンです。

 

妊娠中はどちらも大切な役割があります。そのため、妊娠中はこの2つのホルモンがそれぞれ増えていきます。エストロゲンには女性らしい体にする働きや体の水分を保ちつづける役割があるので、美肌ホルモン呼ばれるのはそのためです。

 

もう1つのプロゲステロン。このホルモンには妊娠を正常に継続させる働きがあり、体温上昇や乳腺の発達を促進してくれます。また、皮脂の分泌を促し髪や肌の潤いに役立ちます。

 

美肌ホルモンのエストロゲンに対し、肌の不調を引き起こしやすいのがプロゲステロンなんだそう。出産後は2つの女性ホルモンが急激に少なくなります。

 

あれ?

それなら、妊娠中って肌がツヤツヤになるってこと?

 

 

気になりますよね!

妊娠中は美肌ホルモンのエストロゲンがたくさん分泌されるので、肌荒れとは無縁と考えてしまいますが、同時にプロゲステロンも増えるためホルモンバランスはやっぱり崩れています!

 

妊娠中や出産後の肌荒れや肌質が変わるのは個人差が大きいですが、出産後は授乳のためのプロラクチンが活発に分泌されます。プロラクチンには排卵を抑える働きもあるため、肌荒れしやすく肌質が変わったと感じる人が多いのはそのためです。

 

少量でも影響する!

女性ホルモンの分泌は微々たるものですが、そのホルモンが妊娠や出産により大きく変化すると体や心、肌にまで多大なる影響を与えてしまうのです!!!

 

だから産後はイライラしやすくなったり、小さな変化に敏感になるんだ~。

 

産後はホルモンバランスに左右されやすく、感情も不安定になりがちです。肌も同じように不安定な状況になってしまいます。

 

最高責任者のストレスを感じている

 

出産という大仕事を乗りこえた女性は喜びに満ち溢れていることでしょう。しかし、赤ちゃんを産んだ瞬間から育児の最高責任者に任命されてしまいます。

 

初めての出産ならその責任はあまりにも大きく感じるのではないでしょうか?2人目3人目になると、どこで手を抜けばいいのかポイントがわかったり、パパと育児分担のルールもある程度できているため、上手にストレスを軽減できるかもしれませんが、初めての場合、

 

あまりの責任の重さに大きなストレスを抱えがちになります。

 

24時間サービス残業で疲れている

 

出産後の女性の仕事はたくさんです。最高責任者に任命されたかと思えば、24時間サービス残業で働きつづけなければなりません。

 

しかも、誰かが認めて褒めてくれる仕事ではありませんよね。どちらかというと孤独な作業です。赤ちゃんはとてもかわいいけれど、ママだって疲れてしまいます。

 

やっとで寝かしつけられた…と一緒に休もうと思っても、急な呼び出しにすぐ対応しなくてはなりません。眠れて2時間、ひどいときには10分おきに対応なんてしょっちゅうです。

 

睡眠不足にくわえ疲れが重なった結果、肌荒れを引き起こしやすくなってしまいます。肌質が変わるのは睡眠不足も関係しているといわれていますよ。

 

いつ食事休憩していいのか分からない

 

最高責任者として24時間サービス残業に明け暮れていると、

いったい

わたしの食事休憩はいつとればいいの!?

 

 

となってしまっていませんか?

15年ぶりに出産したちょこんも育児の経験があるにもかかわらず、

あら?

ご飯っていつ食べたんだっけ!?

 

退院後、いつ食べたらいいのか途方に暮れる日がありました(涙)

 

つまり、しっかり食事をしたくても、いつ食事をしたらいいのかわからず食べられないことも多々あるのです。それでも授乳で赤ちゃんに栄養をとらせねばならず、ママは栄養不足に陥ってしまうこともあります。

 

栄養バランスが悪いと、やっぱりお肌には悪影響ですよね…。

 

それはわかっていても、なかなか自分のことにまで手が回らないのが産後なんです。ただ、食事は意識しないと、赤ちゃんまで栄養不足になっては困りますので、なるべく3食とれるように心がけましょう。

 

産後の乾燥肌は危険なの?

Suponsored Link

 

産後に乾燥肌になる人は珍しくありません。上記で解説したように、ホルモンバランスや育児疲れ、睡眠不足にストレス、食生活の乱れがあげられます。

 

ただ、産後に乾燥肌になったからといって、危険なんてことはあるのでしょうか?ホルモンバランスが整って、育児になれてくると睡眠不足も少しずつ解消されますし、食生活も見直されていくはずです。

 

だからといって、「それまで放置していても大丈夫なんじゃない??」と考えていては危険です!!

 

どういった危険性があるのか見ていきましょう。

 

老け顔の原因は乾燥肌にあり

 

産後は赤ちゃんに母乳を飲ませなくてはいけないので、小まめに水分を補給していないと水分不足になってしまいます。

 

体から水分が足りなくなるともちろん母乳の分泌にも影響しますし、体全体が乾燥肌になり、放置しているとかゆみや湿疹で悩まされることもあります。

 

そして乾燥肌は深いしわのもとです。

 

産後の老け顔は、乾燥肌がつくりだすといっても過言じゃないでしょう。

そんなこと

わかりきっているけど、そんな時間どこにあるの?ご飯食べるのだってままならず、眠る時間もトイレにゆっくり入る時間すらないのに…。

 

 

そうなりますよね。わたしがそうだったので、よくわかります!!

ただ、そういって放置していたら鏡にうつった自分の顔を見て、わたしは失神しそうでした(笑)

 

そうならないためにも、本当に隙間時間を見つけてスキンケアすることをおすすめします。

 

たとえば、

  • 夫が帰ってきたら赤ちゃんをお願いしてお風呂に入りスキンケアの時間をつくる。
  • 赤ちゃんとお風呂に入るなら、赤ちゃんを先に拭きタオルで包んでバウンサーに寝かせオールインワンタイプでスキンケア。
  • 授乳しながら片手でスキンケア。

などです。

 

授乳しながらのスキンケアでは片手しか使えないので、テーブルの上にコットンをおいて化粧水をしみこませるか、小皿に化粧水を出してコットンにしみこませ片手でパッティングしたり、化粧水が終わったら片手で乳液やクリームを塗ったりなど工夫してみましょう。

 

肌バリアの機能低下で敏感肌に

 

今までは肌バリアが機能していて、水分保持や肌がしっかり保護されていたのが、出産後のホルモンバランスや疲れで肌バリアが不十分になり、外からの刺激に弱くなってしまいます。

 

そのため、肌の水分が失われハリがなくなり乾燥肌や肌質が変わったなどの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

 

時間がないからとスキンケアしないでいると、ますます肌の状態が悪化し敏感肌になってしまう可能性も高くなります。

 

肌バリアが低下している

産後だからこそ保湿が大事と心得ましょう。

 

掻きむしって肌がボロボロ

 

ホルモンバランスや疲れ、ストレス、睡眠不足、スキンケアの怠りで産後は肌トラブルが起きやすい環境です。乾燥肌になるのは肌バリアの機能が低下している状態で、水分を保ちにくくなっているため。

 

体全体が乾燥しやすく、かゆみや湿疹がでてしまうこともあります。乾燥によるかゆみで掻きむしって肌がボロボロになることもあるので、乾燥を放置しておくのは危険ですよね。

 

アレルギー知らずだったわたしは、産後にアレルギーのような赤みを帯びた湿疹に悩まされました。これがかゆいのなんの!!!

 

掻きむしった肌は体のあちこちに爪痕をのこしていました(泣)掻きすぎてミミズ腫れになることもしょっちゅうでしたよ…

 

また、産後は免疫力も低くなるので傷の治りがかなり遅かったです。ですから、保湿は顔だけでなく体全体をおすすめします。赤ちゃんにふれることも考えると、赤ちゃんも一緒に使える保湿剤やクリーム、オーガニックのものを選ぶといいかもしれませんね^^

 

脱水の危険性

 

母乳育児をしているとどうしても水分が不足しがちになってしまいます。のどが渇いていなくても、小まめに水分補給していないと、乾燥肌どころか脱水状態になる危険性もあります。

 

とくに暑い夏場は本当に注意していないと室内でも熱中症を発症してしまうこともあるので、しっかり水分補給は意識しましょう。

 

小まめにって

1日どれぐらいの量を摂ったらいいの?

 

 

目安としては

成人の1日必要量が食事以外で約1リットル。授乳中は赤ちゃんが飲むぶんもプラスして、おおよそ約2リットルが目安量です。

 

これはあくまで目安ですが、意識していないとなかなか摂れない量ですよね。普通サイズのコップで約10杯が2リットルになります。

 

水分が不足すると便秘にもなるので、産後に便秘がちという人はもしかすると水分が足りていないのかもしれません。便秘も肌荒れの原因になりますから腸内環境を整える必要があるでしょう。

 

また、暑くなると冷たい飲み物を飲みたくなるかもしれませんが体が冷えてしまいますし、血行が悪くなる原因に。

 

血行が悪くなると肌の代謝も下がってしまいますので、肌荒れが悪化するなど悪循環になってしまいます。体の冷やしすぎにも注意が必要ですね。

 

まとめ:産後のスキンケアは保湿がカギ

 

乾燥肌は深いしわや肌荒れの原因といいことありませんよね。バリア機能が下がる産後だからこそ、保湿は心がけたほうがいいでしょう。

 

もし、育児休暇中であればいづれ仕事復帰が待っています。そのときに肌がボロボロで荒れたままだと、仕事に行きたくなくなってしまうはずです。

 

産後の肌トラブルはホルモンバランスにあり

産後は肌荒れしやすく肌質が変わりやすい

産後だからこそ保湿が大事

乾燥肌はしわや肌トラブルの原因に

 

今まで使っていたケア商品が合わなくなったと感じたら、刺激の少ないものに変更しましょう。敏感肌用や無添加のものを選ぶといいかもしれませんね。

 

授乳中の水分補給で悩むママはいらっしゃいませんか?これから本格的な暑さがやってきます。熱中症や夏バテには注意したいもの。授乳中でも安心して飲めるおすすめ飲料を知りたい人は、こちらを参考にしてくださいね。

夏バテや熱中症の予防は水分補給だけ?授乳中も安心おすすめ飲料!

こちらの記事では肌荒れの原因と改善策を書いています。ぜひ、産後もキレイなママを目指しましょう^^

産後の肌荒れが起こる原因は?5つの改善策でキレイを作る!

最後までお読みくださりありがとうございました!!

参考になりましたら幸いです(*’▽’)

Suponsored Link

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す