2人目を出産後の過ごし方は?支援やサポート制度はどんなのがある?

Suponsored Link

はいたーい、ちょこんです。

 

2人目は里帰りしないで自宅に戻ると決めたら、気になるのは出産後過ごし方でしょう。できるだけゆっくり過ごせればいいのですが、上の子がいる場合、ゆっくりすることもままならないはずです。

 

近くに助けてくれる人が夫だけですと、夫がいない日中はどうしたらいいのか不安もあるかもしれませんね。今回は、産後のママを助ける支援サポート制度について調べてみました。

2人目出産後の過ごしかたは?

 

2人目ともなると、出産後のことはよく理解していることでしょう。

 

もしかすると、2人目だから里帰りしないで何とかしたいと考えているかもしれませんね。産後の体は、全治1か月の交通事故にあったような状態と表現されるほど、なかなか大変なできごとです。

 

産褥期にゆっくり回復させる時間がなければ、産後の肥立ちが悪くなることもあります。

産後の肥立ちについては、こちらの記事で復習してくださいね。

「産後の肥立ち」の意味は?悪くしないための過ごし方や注意点は?

あ~そうだったと思いだせるはずです^^

 

ゆっくり過ごせるのが理想ですが、上の子のお世話もあるし…とお悩みでしたら、産後の支援やサポートについて理解を深めてみましょう。

 

きっとあなたに合った支援やサポートが見つかるはずですよ!

 

産後の支援やサポート制度を教えて?

 

最近、産後の支援やサポートについての話題が取りあげられるようになってきました。それほど、

産後ママの支援が大事

であると考えられているからです。

 

本来、子育ては1人でするものではありません。というか、

 

ママ1人で背負うには荷が重すぎます!!

 

なぜか、「昔の人はママ1人で育児や家事のすべてを担っていた」といわれていますが、昔は家族や近所の人の助けが大いにあったのです。

 

もちろんみんながみんな同じ環境だったかといわれれば違うかもしれませんが、ほとんどの場合、地域ぐるみで育児がおこなわれていました。

 

ですから、ほかの誰かと比べるのではなく、助けを求められる環境をつくることが大事になってきます。家族や身内、近所に助けを求められないのであれば、支援やサポートを活用することをご検討くださいね^^

 

産後ケアセンター

 

 

出産後に入院できる施設です。どういうことかといいますと、病院や産院で出産したあと約4~7日間で退院しますよね。

 

里帰りせず自宅にそのまま帰るのが不安な人や、家族や友人のサポートが得られない人、上の子が未就園児でゆっくり休むことができない人など、産後ママを対象にした産後入院施設です。

 

産後ケアセンターの特徴は家族で宿泊できる施設ということ。また、産後ママの体を癒すために、助産師や看護師、心理士まで常駐しています。

 

それってとても心づよいと思いませんか??

 

悩みや疑問がでたらすぐ解決してもらえる!!

 

2人目だとしても赤ちゃんは1人1人個性があり、上の子と同じような子育てにはならないのです。ですから、身近に専門家がいるととても安心できるのではないでしょうか。

 

上の子がいての育児がどんな風になるのかもイメージしやすくなりますよね。自宅に帰るころには、2人目育児がなんとな~く想像できるでしょう。

 

骨盤ケアやヨガなどのプログラムもあるようなので、産後の体型も戻しやすくなるはずですよ。

 

産前産後ヘルパー

 

育児や家事をメインに助けてくれます。上の子のベビーシッターまでしてくれるサービスや、何と産後ママの体ケアまでサポートしてくれるサービスもあるようです。

 

ただし、1対1のサービスなので、担当してくれるヘルパーさんと合わないとか支援内容が合わないなどの可能性もあります。

 

利用するまえは、いろんな事業所のパンフレットなどで支援内容や金額の確認をしていたほうがいいかもしれませんね。

 

産後ドゥーラ

Suponsored Link

産後ケアの専門家です。産前から産後まで継続してサポートが受けられます。体だけでなく心のサポートもしてくれるようですよ。

 

赤ちゃんとの時間と体を癒す時間をしっかりつくれるよう、家事や上の子のお世話にママの相談相手にもなってくれます。資格を持った専門家が寄り添ってくれるのは安心でしょう。

 

ただ、こちらも自宅に派遣されるので、合う合わないがあるかもしれませんね。

 

ファミリーサポートセンター

 

市区町村が実施している支援サービスです。ファミサポといえば聞いたことのあるママも多いはずです。支援内容は、保育園の送り迎えや子どもを一時預かるサービスがあります。

 

援助したい人と援助されたい人を結びつけてくれるんですね。ファミサポの援助を申し込む場合は、事前に会員登録が必要になります。

 

家事代行

 

料理や掃除、洗濯などの家事を代行します。訓練を受けたスタッフが訪問するので、安心してお願いできそうですよね。

 

布団干しや買い物代行までサービスに入っている事業所もあります。また、ママを応援してくれるプランを提供している事業所は、かゆい所に手が届くかもしれませんよ。

 

一時預かり保育

上の子が日中保育園だと少し安心しませんか?認可保育所でも一時預かりをやっている園もあります。早めの予約が必要です。

 

もし、保育園に入れたとしても赤ちゃんを連れて送り迎えは難しいしどうしよう?といった問題もでるでしょう。たとえば、保育園の送り迎えをファミサポや産後ヘルパーのサービスを利用することで解決できます。

 

サービスの組み合わせも視野に入れてみましょう。

 

宅配サービスの活用

 

他人を家に入れることに抵抗があるママも少なくないはずです。もし、産後ケアセンターの入院施設が近くになくて自宅にそのまま帰る場合、せめて料理や買い物だけでも楽しませんか?

 

宅配サービスは食材の宅配だったり、調理するだけの状態で宅配してくれたり、レンチンすれば食べられる弁当タイプのサービスもあります。

 

たとえば有名なのが、ヨシケイです。

 

冷凍弁当をリーズナブルな価格で届けてくれます。会費や送料もかからず前日注文も可能なのでおすすめです。また、栄養士がバランスよくメニューを考案しているので、産後の栄養バランスも安心ですよ!
【配送無料】★初回半額★冷凍宅配弁当♪

手軽な5日間のお試しキャンペーンもあります。便利だったら床上げまでの期間、使ってみてはいかがでしょうか?離乳食のとりわけもできるようですし、離乳食レシピまでついてるので試してみる価値アリです。
【お試しキャンペーン実施中】お家で作ろう!簡単レシピでバランスごはん♪

出産後にかぎらず、毎日の栄養バランスを考えたメニューって悩みませんか?それが一時的でもサービスを使うことにより解放されたら、それだけでストレスが減るというもの。

 

産褥期はしっかり体を休めてほしいので、少しでも楽しましょ!?

ママが元気で笑顔でいてくれることが、家族にとって何よりの幸せです^^

 

ネットスーパーで買い物

 

産後1か月は赤ちゃんを連れて外に出るのは難しいです。そんなときにネットスーパーはおすすめですね。日用品や食材など、すべてネットで注文すれば自宅まで届けてくれる便利なシステムです。

 

大型スーパーのイオンは、薬や衣服、ベビー用品にいたるまで買いそろえられるので、自宅にて欲しいものが手に入る豊富な品ぞろえであなたをサポートしてくれます。

 

地域によって送料に違いがありますが、地域限定で3000円以上購入すれば送料無料となっているところもあるようです。

 

また、月会費500円お支払いただければ何度でも送料無料なんてサービスをやっているところもありますので、1度お近くのネットスーパー情報を見てみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ:あなたに合った支援やサポートに甘えよう

2人目出産を里帰りせず自宅に戻る場合、上の子がいるので何かと不安が出てくるでしょう。近くに甘えられる人、助けてくれる人がいればいいのかもしれませんが、なかなか甘えられないという人がほとんどかもしれません。

 

産後に無理をすれば産後の肥立ちに影響が出ますし、自分1人で背負おうと思ってもあまりにも責任が重すぎます。

 

また、赤ちゃんばかりにかまってもいられませんよね?やっぱり上の子中心にしてあげたいと思っているでしょう。赤ちゃん返りとか気になりますからね!

 

すべてをママ1人でやろうとしても到底無理な話です。甘えられるところは上手に活用し甘えちゃいましょう。そのための支援やサポート制度です!!

 

  • 産後ケアセンター
  • 産前産後ヘルパー
  • 産後ドゥーラ
  • ファミリーサポートセンター
  • 家事代行
  • 一時預かり保育
  • 宅配サービスの活用
  • ネットスーパーで買い物

 

補助金が出るサービスもありますので、お住いの市区町村にくわしい内容を問い合わせてみましょう。あなたに合った支援やサポートが見つかると幸いです。

 

産後ケアセンターの詳細についてはこちらの記事でより理解が深まるかもしれません。値段についても触れています。

産後ケアする施設って?母子ともにゆっくり癒されてすこやか育児!

出産後に取らなければいけない手続きは覚えていますか?時間がたてば忘れてしまうことなので、事前にチェックしておきましょう。

出産に必要な手続きって?出産育児一時金はどこに申請するの?

出産後に役所で必要な4つの手続きって?安心育児のため忘れずに!

よく耳にするようになった話題に産後うつがあります。2人目だからといって油断してはいけません。1人目が大丈夫だったとしても、2人目も大丈夫とならないのが産後です。夫と一緒に学んでくださいね。

産後うつは妊娠中から対策する?夫よ見逃すな!妻からのSOSサイン

最後までお読みくださりありがとうございました。

あなたのお役に立てたら幸いです(*’▽’)

Suponsored Link

いいねしましょ(*´ω`*)

あなたの「ポチッ」が励みになります( *´艸`)

コメントを残す